野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

連敗止めた楽天、梨田監督の荒療治実った? 5選手入れ替え、昇格組が活躍

マウンドでの表情が引き締まってきた。楽天の古川侑利投手が12日、中日戦に先発して6回途中8奪三振1失点で2勝目。チームの連敗を3でストップさせた。

楽天・古川侑利【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】
楽天・古川侑利【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】

先発の古川は6回途中1失点でプロ初勝利から2連勝

■楽天 5-1 中日(12日・楽天生命パーク)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 マウンドでの表情が引き締まってきた。楽天の古川侑利投手が12日、中日戦に先発して6回途中8奪三振1失点で2勝目。チームの連敗を3でストップさせた。

 前回登板の5日、巨人戦でプロ初勝利を挙げた右腕。初回、2回で4四球と制球に苦しんだものの、3回以降は見違えるようなピッチング。勢いのある直球を主体に7奪三振。全力で投げるその投球フォームには躍動感があった。本拠地で初のお立ち台に上がった古川だが「連敗を止めたのは喜ばしいですが、投球内容は反省しないといけない」と、序盤の制球難に笑顔は控えめ。だが、プロ5年目での初勝利から連勝と一歩ずつ階段を上っている。

 そんな若き右腕を打線も援護した。押し出しで先制すると、なおも初回2死満塁で、この日1軍に帰ってきたばかりの島内が中前に2点適時打。「すごい緊張したけど、何とか打てて良かった」と安どの表情で振り返った。さらに6回1死1塁でも右中間へ適時三塁打を放ち、この日3打点の活躍。右脇腹を痛め、4月下旬以来の復帰とだったが、ケガの影響も感じさせず、三塁まで激走。「古川も頑張っていた。1点取れて良かった」と、ヒーローインタビューで笑顔を見せた。

 リーグ戦だけでなく、交流戦も最下位という厳しい状況が続く楽天。11日には、13本塁打を放つペゲーロを含む5選手を一気に登録抹消。とくに捕手登録は嶋ひとり。捕手経験のある外野手の岡島を計算に入れてのものだが、現状打破に首脳陣の必死さが垣間見える。

 その荒療治が実ったのか、島内をはじめ、この日昇格した選手が活躍。不調で2軍調整していた福山は8回にマウンドに上がり3者凡退。4年連続60試合登板の鉄腕が復調気配を感じさせた。さらにドラフト3位ルーキーの山崎がプロ初出場。6回1死1塁から代走で出場し、島内の適時打でプロ初得点。8回のプロ初打席では、初球の低めの球を捉えたが惜しくも遊直。プロ初安打とはならなかったが、梨田監督も「今度スタートでも使ってみたい」とスタメン起用を示唆するなど、可能性を感じた様子だった。

 連敗を止め、ようやく交流戦の3勝目を手にした楽天。苦しい状況は、若手にとっては絶好のアピールチャンスでもある。この日の古川に続くような、台頭する男は現れるだろうか。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」