野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 今季2敗目のマイコラス 沈黙打線を責めず「自分が失点したことが悔しい」

今季2敗目のマイコラス 沈黙打線を責めず「自分が失点したことが悔しい」

12日(日本時間13日)の本拠地パドレス戦で、6回を投げて6安打5奪三振3失点(自責3)と好投しながら、今季2敗目(7勝)を喫した元巨人でカージナルスのマイルズ・マイコラス投手。6イニングのうち4イニングを3者凡退としたが、4回に泣いた。29歳右腕は試合後「思い通りの球を投げても打たれる時はある。ラッキーな時もあれば、そうじゃない時もある」と割きった様子で振り返った。

6回3失点と好投も、今季2敗目を喫したカージナルスのマイコラス【写真:Getty Images】
6回3失点と好投も、今季2敗目を喫したカージナルスのマイコラス【写真:Getty Images】

4回に3失点も5回以降は無失点「1球1球に集中しようと心掛けた結果」

 12日(日本時間13日)の本拠地パドレス戦で、6回を投げて6安打5奪三振3失点(自責3)と好投しながら、今季2敗目(7勝)を喫した元巨人でカージナルスのマイルズ・マイコラス投手。6イニングのうち4イニングを3者凡退としたが、4回に泣いた。29歳右腕は試合後「思い通りの球を投げても打たれる時はある。ラッキーな時もあれば、そうじゃない時もある」と割きった様子で振り返った。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 4回に先頭ホズマーに初球外角カーブをセンターへソロ弾とされた。その後も不運な内野安打が続くなど、合計3点を献上。それでも「1球1球に集中しようと心掛けた結果」と5回は見事に気持ちを切り替えて3者凡退に抑えると、6回も15球で3死を奪った。

 今季初黒星を喫した6月1日(同2日)のパイレーツ戦に引き続き、この日も登板中の援護点はゼロだったが、打線に助けられて勝利を飾る日もある。「援護点の多少は関係ない。自分は失点をできる限りゼロに近づけようとするだけ。自分が失点したことが悔しい」と、パドレス投手陣の前に沈黙した打線は責めず、自ら失点の責任を負った。

 次回登板予定は18日(同19日)の敵地フィリーズ戦。次戦も好投を披露し、前半戦2桁勝利到達に1歩近づきたい。

(佐藤直子 / Naoko Sato)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」