野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • 大学代表
  • 【大学野球】ドラ1候補3人擁する東洋大、まさか大敗 上茶谷、梅津炎上でコールド負け

【大学野球】ドラ1候補3人擁する東洋大、まさか大敗 上茶谷、梅津炎上でコールド負け

11日に開幕した第67回全日本大学野球選手権は13日、大会3日目が行われ、ドラフト1位候補の3投手を擁する東洋大が九産大に3-10で7回コールド負けを喫し、2回戦で姿を消した。

東洋大が九産大に3-10で7回コールド負け
東洋大が九産大に3-10で7回コールド負け

上茶谷が3回途中6失点でKO、梅津は2本塁打を浴びる

 11日に開幕した第67回全日本大学野球選手権は13日、大会3日目が行われ、ドラフト1位候補の3投手を擁する東洋大が九産大に3-10で7回コールド負けを喫し、2回戦で姿を消した。

高校時代は無名も大学代表では4番 ドラフト候補スラッガーが侍ジャパンで得た学び(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 上茶谷大河投手、甲斐野央投手、梅津晃大投手と3人の本格派右腕がドラフト1位候補に挙がる東洋大がまさかのコールド負けを喫した。先発した上茶谷が2回に3点を失うと、3回にも4失点を喫し、3回途中6失点でノックアウトされた。

 2番手としてマウンドに上がった梅津も5回に九産大の9番・横田にソロ本塁打を浴びると、7回にもこの横田に2ランを被弾。この瞬間に点差が7点となり、コールド負けが決まった。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」