野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

松坂以来19年ぶり快挙を成し遂げた西武今井 堂々たる投球と、その足跡

甲子園を席巻した剛腕が、プロの舞台でついにそのベールを脱いだ。埼玉西武の今井達也投手が13日にプロ入り初登板となるマウンドに上がり、20歳を迎えたばかりとは思えない堂々たる投球内容で、見事に初勝利をマークしてみせた。

初勝利をマークした西武・今井達也【画像:(C)PLM】
初勝利をマークした西武・今井達也【画像:(C)PLM】

6回4安打1失点、20歳とは思えぬ堂々の投球だった

 甲子園を席巻した剛腕が、プロの舞台でついにそのベールを脱いだ。埼玉西武の今井達也投手が13日にプロ入り初登板となるマウンドに上がり、20歳を迎えたばかりとは思えない堂々たる投球内容で、見事に初勝利をマークしてみせた。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 作新学院時代に夏の甲子園の優勝投手となった今井は2016年のドラフト1位で埼玉西武から指名を受けてプロ入り。1年目は1軍での登板はなかったが、2軍で7試合に登板して1勝、防御率2.35という成績を残して潜在能力の一端を示してみせた。

 プロ2年目となる今季の飛躍が期待されていたが、2月に未成年喫煙が発覚して対外試合出場停止処分を受けることに。本人も「深く反省しております。自分自身の甘さが今回の事態を招いてしまったと考えています」と猛省し、「今後、二度とこのようなことを起こさないよう、自分に厳しくありたいと思います」と自らを戒めていた。

 処分が解けてからは2軍で4試合に登板して2勝1敗、防御率2.52という好成績を収め、一軍での出場機会をうかがっていた。そして、イースタンでの好投が認められてプロ入り初登板初先発のマウンドを踏むと、チームにとっても重要な交流戦首位決戦という舞台で、観る者の度肝を抜く投球を披露してみせた。

 初回から150キロを超える速球を連発して能力の高さを証明すると、交流戦の首位を走る東京ヤクルト打線を相手に2回以降も好投を続けていく。3回に1点を失ったものの、ランナーを背負っても堂々とした投球を見せて強打のヤクルト打線に追加点を許さず。6回で112球を投げて1失点(自責点0)と、高卒2年目のプロ初登板としては申し分のない投球内容で、見事にプロ初先発初勝利をつかみ取った。

 試合後に上がったお立ち台では「初登板ということで、監督・コーチの皆さんに『しっかり楽しんで、思い切ってやってこい』と言われたので、言葉通りに初めてのマウンドを楽しめたんじゃないかなと思います」と語り、強心臓ぶりを披露。「二軍と違ったいい緊張感の中でしっかり投げることができたので、次も出番があったらチームも勝てるようにしっかり投げたいと思います。まだまだシーズンは終わらないので、しっかりこの先も勝てるように一生懸命投げますので、引き続き応援よろしくお願いします」。記念すべき初勝利を挙げた直後にも関わらず、その視線を次回の登板へと向けていた。
 
 埼玉西武にとっても、高卒投手のプロ入り初登板初勝利は1999年の松坂大輔投手以来となる快挙に。奇しくも「平成の怪物」が復活を見せつつある年に現れた新たな「怪物」候補は、圧倒的なインパクトを残した先輩のように、獅子のエースの系譜を受け継ぐ存在となれるだろうか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」