野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム清宮が明かす本塁打量産の秘訣 「ファウルになるスイングをしない」

日本ハムの清宮幸太郎内野手が14日、イースタン・リーグの楽天戦(森林どり泉)に「3番・左翼」でスタメン出場し、今季3度目の2本塁打を放った。試合は3-1で日本ハムが勝利した。

自身3度目となるマルチ本塁打を放った日本ハム・清宮幸太郎【写真:高橋昌江】
自身3度目となるマルチ本塁打を放った日本ハム・清宮幸太郎【写真:高橋昌江】

自身3度目のマルチ本塁打を放った清宮

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が14日、イースタン・リーグの楽天戦(森林どり泉)に「3番・左翼」でスタメン出場し、今季3度目の2本塁打を放った。試合は3-1で日本ハムが勝利した。

【動画】鎌ヶ谷の場外へ消えていく特大弾! 絶好調のハム清宮、特大の一発を放つ!

 1本目は4回の第2打席。1死無走者で、楽天の先発・石橋が投じた1ボールからの2球目の直球にバットを振り抜いた。

「打った後に『風に乗れ』って思っていました」

 バットの芯では捉えられず、根っこだったが、逆方向のレフトへ放り込んだ。12号ソロは“風頼み”だったが、「最近は詰まりながらでもいい感じで打球も飛んでいたりするので、それは成長というか、いい感じかなと思います」とうなずいた。

 初回の第1打席は空振り三振に倒れていたため、「ちょっとタイミングが合っていなかったですし、打ちにいけていなかった。自分の中で中途半端だなという感じがあったので、しっかり自分の形で打ちにいこうと思っていました」と反省を生かした打席だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」