野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

復帰の内川活躍でホークス快勝、交流戦Vに望み 広島は痛恨5連敗

ソフトバンクが、この日1軍に復帰した内川聖一内野手の2安打1本塁打の活躍などで快勝した。序盤に2点を先行される展開となったが、中盤以降に打線が爆発。逆に5点のリードを奪って交流戦の勝ち越しを決めた。

ソフトバンク・内川聖一【画像:(C)PLM】
ソフトバンク・内川聖一【画像:(C)PLM】

内川は試合を決定づける2ラン含む2安打

■ソフトバンク 6-2 広島(16日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクが、この日1軍に復帰した内川聖一内野手の2安打1本塁打の活躍などで快勝した。序盤に2点を先行される展開となったが、中盤以降に打線が爆発。逆に5点のリードを奪って交流戦の勝ち越しを決めた。

 1点ビハインドで迎えた7回、代打・長谷川勇の適時打で同点に追いつくと、中村晃の犠飛で勝ち越しに成功。さらには内川がこの日2安打目となる5号2ランを左翼ホームランテラス席に運び、リードを広げた。8回にはデスパイネが14号ソロを放ちダメを押した。

 先発のバンデンハークは7回3安打2失点の好投で5勝目。大量リードがあったが、8回を加治屋、9回を森と勝利の方程式を投入して手堅く白星を掴み、交流戦4年連続最高勝率になんとか望みをつないだ。

 広島は5連敗。2点を先行しながら、2番手の今村が大誤算。7回にマウンドに上がると、4安打1本塁打で4点を奪われて逆転を許した。痛恨の5連敗で交流戦は6勝10敗となり、負け越しが決まった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」