野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

復帰即2安打1本塁打の鷹・内川 充実の打席は本塁打ではなく四球のワケ

ソフトバンクの内川聖一内野手が16日の本拠地広島戦で1軍に復帰し、いきなり2安打1本塁打と結果を残した。ダメ押しの2ランを含むマルチ安打と四球で3度出塁。守りでもバンデンハークを助ける好捕を見せた。

ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】

7回の第4打席で試合を決定づける4号2ラン

■ソフトバンク 6-2 広島(16日・ヤフオクドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクの内川聖一内野手が16日の本拠地広島戦で1軍に復帰し、いきなり2安打1本塁打と結果を残した。ダメ押しの2ランを含むマルチ安打と四球で3度出塁。守りでもバンデンハークを助ける好捕を見せた。

 右膝痛から1軍に復帰し、「初回から打席に立たせてあげたかった」という工藤公康監督の狙いで、いきなり「3番・一塁」でスタメン出場。その初回、広島の先発・ジョンソンからきれいなセンター前ヒットを放ち、内川は「1打席目に結果が出てくれたので、それが一番ホッとした」。

 一番の大仕事は7回の第4打席だ。1点リードとなった直後、広島の2番手今村から左翼ホームランテラスへの4号2ラン。リードを広げる効果的な一発に、内川もベースを回りながら何度も拳を突き上げた。「ハセが打ってくれて、晃が返してくれたおかげで精神的に楽な気持ちで打てた」と、内川は同点打の長谷川勇也、勝ち越し犠飛の中村晃に感謝した。

 これで実戦復帰を果たした2軍戦から“3試合連続弾”。右膝の不安がなくなり「軸足にしっかりと乗っている時間が長くなってボールの見極めができるようになった。それをファームの試合でも感じていた」という内川だが、「一番充実感のある打席」と語ったのは、6回に四球を選んだ3打席目だった。

「3番にはあまり違和感はなかった。久しぶりに『後ろにつなごう』という四球だったし、実際につなげることができた」という。それが結果としてデスパイネの犠打を生み、7回の逆転劇にもつながっていった。「(1軍に)呼ばれたからには自分の持っているものを出さないといけないと思っていました」という内川は、その言葉どおりに結果を出した。「結果が出たことで、また明日から頑張ろうと思える」と、自らが“いるべき場所”での活躍を誓った。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」