野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日松坂と西武榎田が激突へ、大田や坂口も活躍中 新天地で輝く男たち

17日、メットライフドームで行われる西武-中日戦で、注目の2人がそれぞれ先発のマウンドに上がる。中日は右肩の故障から復活を遂げた松坂大輔投手。今季ここまで7試合に先発して3勝3敗、防御率2.41の好成績をマークし、オールスターのファン投票でもセ・リーグ先発投手部門を独走する言わずと知れた「平成の怪物」である。

中日・松坂大輔と西武・榎田大樹【写真:荒川祐史】
中日・松坂大輔と西武・榎田大樹【写真:荒川祐史】

松坂はここまで3勝、榎田は驚異の5勝をマーク

 17日、メットライフドームで行われる西武-中日戦で、注目の2人がそれぞれ先発のマウンドに上がる。中日は右肩の故障から復活を遂げた松坂大輔投手。今季ここまで7試合に先発して3勝3敗、防御率2.41の好成績をマークし、オールスターのファン投票でもセ・リーグ先発投手部門を独走する言わずと知れた「平成の怪物」である。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 西武からドラフト1位指名を受け、1999年にプロのキャリアをスタートさせた松坂。17日の試合はプロ入りからレッドソックス移籍までの8シーズンを本拠地として戦ったメットライフドームだ。ソフトバンク時代にオープン戦での登板はあったが、公式戦で古巣のマウンドに上がるのは2006年以来、12年ぶりとなる。

 一方で、西武の先発は榎田大樹投手。3月半ばに岡本洋介投手とのトレードで西武に移籍した左腕は新天地でその力を再開花させた。ここまで8試合に登板(先発は7試合)して5勝1敗、防御率2.56をマーク。6試合でクオリティースタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)を達成。すでに自身のキャリアハイの勝ち星を挙げている。松坂vs榎田。それぞれが新天地で復活を遂げた2人の投手の対決には注目が集まることだろう。

 この2人だけではない。環境は人を変える、とよく言われる通り、戦力外やトレードによって移籍した新天地で、再び輝きを取り戻した選手がいる。

 今季、新天地に移った選手の中では、ソフトバンクの市川友也捕手が、チームにとって大事な働きを見せている。今季、捕手陣に故障者が続出したことから金銭トレードで日本ハムから緊急補強された市川。甲斐拓也という若き正捕手候補がいるため、出場機会は限られているが、バンデンハークや摂津正、中田賢一といった外国人、ベテランとバッテリーを組み、スタメンでも出場している。ここまで14試合に出場し、23打数6安打、打率.261。6安打のうち2本が本塁打。ソフトバンクにとっては大きな補強になった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」