野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「カノにはできない」… ゴードンが“本職”二塁で超美技、174キロ打球にダイブ

「カノにはできない」… ゴードンが“本職”二塁で超美技、174キロ打球にダイブ

マリナーズが45勝25敗の貯金20と好調を維持している。15日(日本時間16日)時点で地区首位のアストロズと0.5ゲーム差の2位。同日のレッドソックス戦では、東地区でヤンキースと激しい首位争いを繰り広げる強豪レッドソックス相手に3点差を逆転し、7-6で勝利した。この試合で飛び出したディー・ゴードン内野手の豪快なダイビングキャッチが話題となっており、動画を紹介したマリナーズの公式ツイッターには「魔術師」「ナイス!」とファンから称賛の声があがっている。

マリナーズのディー・ゴードン【写真:Getty Images】
マリナーズのディー・ゴードン【写真:Getty Images】

逆転勝利のレッドソックス戦で終盤に美技「突然現れてダイブ」

 マリナーズが45勝25敗の貯金20と好調を維持している。15日(日本時間16日)時点で地区首位のアストロズと0.5ゲーム差の2位。同日のレッドソックス戦では、東地区でヤンキースと激しい首位争いを繰り広げる強豪レッドソックス相手に3点差を逆転し、7-6で勝利した。この試合で飛び出したディー・ゴードン内野手の豪快なダイビングキャッチが話題となっており、動画を紹介したマリナーズの公式ツイッターには「魔術師」「ナイス!」とファンから称賛の声があがっている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 この試合、マリナーズは2回までに3点を奪いながら、3回に先発パクストンが一挙6失点。それでも、5回にハニガーのタイムリーで1点を返す。反撃ムードとなる中、7回には好投していた3番手ウェイレンが2死一、二塁のピンチを背負った。再び失点すれば、レッドソックスに流れが傾きそうな場面。ここでゴードンの美技が飛び出した。

 レッドソックスのボガーツがセンター方向へ痛烈な打球を弾き返すと、二塁手のゴードンがダイビング。体を目いっぱい伸ばして打球をもぎ取り、二塁ベースに入った遊撃セグラに送球。フォースアウトで失点のピンチを美技で救った。

 MLB公式サイトによると、ボガーツの打球速度は108マイル(約174キロ)だったという。痛烈な打球はあわやウェイレンに直撃という当たりだった。何とか避けた右腕は尻もちをついたが、その直後にゴードンが打球に飛びついた。記事でも「ウェイレンは打球を避け、マウンドの上で尻もちをついた。しかし、二塁手ディー・ゴードンが突然現れてダイブし、その打球を捕球し、セグラに送球して走者を二塁でアウトにした」と伝えている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」