野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天・梨田監督辞任 昨年後半の失速を改善できなかった編成・補強にも問題?

楽天の梨田昌孝監督が辞任した。梨田監督は5月25日に史上16人目の800勝を記録したが、チームは開幕から低迷。5強1弱と言われ、立て直しに苦慮していた。

楽天の監督を辞任することが発表された梨田昌孝氏【写真:荒川祐史】
楽天の監督を辞任することが発表された梨田昌孝氏【写真:荒川祐史】

昨年は首位争いをしながら8月、9月に大失速

 楽天の梨田昌孝監督が辞任した。梨田監督は5月25日に史上16人目の800勝を記録したが、チームは開幕から低迷。5強1弱と言われ、立て直しに苦慮していた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 梨田監督は2016年、大久保博元監督の辞任を受けて楽天の7代目監督に就任。2016年は62勝78敗3分、勝率.443で5位に沈んだが、2017年は77勝63敗3分、勝率.550で、3位となり、チーム史上3回目のポストシーズン進出を果たした。

 しかし今季は開幕カードで1勝2敗と負け越し、以後も黒星が先行。6月16日時点で21勝41敗1分、勝率.339、首位西武から16.5差、5位のロッテからも9.5差引き離され、断トツの最下位になっていた。

 今季の低迷は、昨年後半からの失速を引きずっていると考えられる。2017年からの月間のチーム成績、打率、防御率を見ていこう。カッコ内はリーグ順位。

〇2017年
3・4月21試合16勝5敗0分 勝率.762(1)
打率.281(1) 防御率3.11(3)

5月23試合16勝7敗0分 勝率.696(2)
打率.284(2) 防御率2.78(1)

6月22試合12勝9敗1分 勝率.571(2)
打率.228(6) 防御率3.38(3)

7月20試合13勝7敗0分 勝率.650(3)
打率.271(2) 防御率3.57(3)

8月26試合7勝18敗1分 勝率.280(6)
打率.228(6) 防御率4.31(4)

9・10月31試合13勝17敗1分 勝率.433(5)
打率.240(5) 防御率3.33(1)

〇2018年
3・4月26試合6勝19敗1分 勝率.240(6)
打率.216(6) 防御率4.24(5)

5月23試合11勝12敗0分 勝率.478(4)
打率.216(6) 防御率4.22(6)

6月14試合4勝10敗0分 勝率.286(6)
打率.224(6) 防御率3.10(3)

 2017年は、打線が好調で、ソフトバンクと首位争いをしながら6月の交流戦に突入。7月までは優勝をうかがう勢いだったが、8月に7勝18敗1分と失速。9月も負け越し、辛うじてクライマックスシリーズには進出したが、梨田前監督自身も「前半と後半では違うチーム」というほどの落ち込みぶりだった。オフには大きな補強をせず、開幕を迎えたが、昨年後半からの低迷が続いた形だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」