野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

批判を称賛へ変える松坂大輔、かつての本拠地に帰還 再び所沢のマウンドへ

高卒1年目から衝撃的な活躍で一世を風靡した「平成の怪物」が、かつての本拠地で古巣と相対する日がついに訪れた。中日の松坂大輔投手が16日の西武戦で先発登板する。慣れ親しんだメットライフドームのマウンドを踏むかつてのエースは、強力無比なライオンズ打線に対してどのようなピッチングを見せてくれるだろうか。

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

西武でプロのキャリアをスタート、輝かしい実績を残してきた松坂

 高卒1年目から衝撃的な活躍で一世を風靡した「平成の怪物」が、かつての本拠地で古巣と相対する日がついに訪れた。中日の松坂大輔投手が16日の西武戦で先発登板する。慣れ親しんだメットライフドームのマウンドを踏むかつてのエースは、強力無比なライオンズ打線に対してどのようなピッチングを見せてくれるだろうか。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 松坂は横浜高校時代に夏の甲子園決勝でノーヒットノーランを達成する離れ業を演じ、同時に春夏連覇の偉業も達成。超高校級右腕としてドラフトの目玉となり、1998年のドラフト1位で西武に入団した。「平成の怪物」と称された松坂の快進撃はプロの舞台でも続き、ルーキーイヤーから16勝5敗、防御率2.60という圧巻の成績を残して新人王を獲得しただけでなく、10代の若さで最多勝のタイトルにも輝いた。

 その後も松坂はライオンズのエースとして活躍を続け、通算3度の最多勝、4度の最多奪三振、2度の最優秀防御率、1度の沢村賞と数々のタイトルを獲得してきた。その活躍ぶりはNPBの域を超えていき、日本代表のエースとしても数々の国際大会を経験。WBCでは先発の柱として第1回、第2回と続いた日本の連覇に大いに貢献し、2大会連続で大会最優秀選手にも輝いている。

 2007年からはメジャーリーグに活躍の場を移し、移籍1年目から先発ローテーションの一角としてレッドソックスのワールドシリーズ制覇に貢献。翌年は18勝3敗、防御率2.90という好成績を収めて存在感を誇示しており、世界最高峰の舞台でもその実力を発揮していた。

 ところが、その後は怪我に悩まされたこともあり、なかなか本来のピッチングを披露することができなかった。最初の2年間で33勝を挙げながらMLBでの通算勝ち星は8年間で56勝にとどまってしまい、2014年のオフに日本球界復帰を決断。ソフトバンクの一員として再スタートを切る形となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」