野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

松坂代役で急遽先発の中日・藤嶋が救世主! 6回2失点でプロ初勝利の権利

中日の藤嶋健人投手が、チームの緊急事態を救う好投を見せた。17日、メットライフドームでの西武戦。先発予定だった松坂大輔投手が試合開始直前のアップ中に背中の痙攣を訴えて、急遽先発を回避。代役として、2年目の右腕がプロ初先発マウンドに上がると、味方打線の大量援護もあって6回まで9安打を浴びながら、2ランによる2失点だけと粘りの投球。

中日の藤嶋がプロ初勝利の権利を持って降板
中日の藤嶋がプロ初勝利の権利を持って降板

試合開始7分前に急遽先発変更がアナウンスされた

■西武 – 中日(17日・メットライフ)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 中日の藤嶋健人投手が、チームの緊急事態を救う好投を見せた。17日、メットライフドームでの西武戦。先発予定だった松坂大輔投手が試合開始直前のアップ中に背中の痙攣を訴えて、急遽先発を回避。代役として、2年目の右腕がプロ初先発マウンドに上がると、味方打線の大量援護もあって6回まで9安打を浴びながら、2ランによる2失点だけと粘りの投球。リードを守ってマウンドを降り、勝利投手に権利を得た。

 試合開始7分前に、スタジアムにコールされた先発変更のアナウンス。急遽先発登板となっ20歳の右腕が救世主となった。いきなり2点の援護をもらった初回、秋山、源田に連打を許したが、浅村、山川、栗山を3者連続三振斬り。圧巻の立ち上がりを見せると、2回以降も走者を背負いながら、懸命に腕を振った。

 味方打線は3回に3点、4回にはビシエドの3ランなどで4点を加え、9点の援護を送った。右腕は4回に森に2ランを浴びたものの、失点はこの2点だけに抑えて6回まで投げ、勝利投手の権利を持ってリリーフ陣に後を託した。緊急事態でのプロ初先発は6回9安打1四球で2失点だった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」