野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

平石監督代行で2連勝、新生・楽天の攻撃の形とは…「あれはもう最高の攻撃」

8回だった。茂木が膝元の球をフルスイングする。逆方向への打球は横浜の夜空に舞い上がり、追い風に乗ってフェンスを越えた。3点を加えて7-1。勝利をほぼ決する一打に、レフトスタンドの楽天ファンがこの日最高の盛り上がりを見せた。残り2イニングを福山とハーマンが難なく抑え、平石監督代行が就任から2試合連続の勝利を挙げた。

楽天・平石洋介監督代行【写真:荒川祐史】
楽天・平石洋介監督代行【写真:荒川祐史】

DeNA戦で見せた足を絡めた初回の攻撃

 8回だった。茂木が膝元の球をフルスイングする。逆方向への打球は横浜の夜空に舞い上がり、追い風に乗ってフェンスを越えた。3点を加えて7-1。勝利をほぼ決する一打に、レフトスタンドの楽天ファンがこの日最高の盛り上がりを見せた。残り2イニングを福山とハーマンが難なく抑え、平石監督代行が就任から2試合連続の勝利を挙げた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 初回、楽天はスピードを生かし攻めた。田中がショートへの緩いゴロを内野安打にし、さらに二盗を決める。茂木が引っ張ってセカンドゴロを打つと、その間に三進。続く島内のやや大きなバウンドのセカンドゴロで田中は迷いなくホームを狙う。タッチをかわして生還し楽天が先制した。

 3回も再び田中の内野安打、相手の失策と茂木の進塁打で2死三塁の状況をつくると、島内の左中間を破る二塁打で追加点が生まれた。島内は続く今江の左前打でホームに還ってくる好走塁も。6回にも犠打を挟みシングルヒット3本を重ねて4点目を奪うなど、つなぐ攻撃を繰り返し、鮮やかに得点を重ねていった。

 それだけでは終わらず、8回には茂木がダメ押しの一発。試合を決める長打を打つポテンシャルを持った遊撃手がいるという、楽天にとっての大きな強みも印象づけた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」