野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • サンチェス、ジャッジ、スタントン…今季1位は194.9キロ、MLBの打球速度が凄い

サンチェス、ジャッジ、スタントン…今季1位は194.9キロ、MLBの打球速度が凄い

驚異のパワーを見せつけてくれるメジャーリーグの世界。その破壊力は我々の想像を遥かに超え、もはや人間業とは思えないほどである。20日(日本時間21日)、ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手が見せた打球など、まさにその典型だった。

サヨナラ弾史上最速の本塁打を放ったヤンキース・スタントン【写真:AP】
サヨナラ弾史上最速の本塁打を放ったヤンキース・スタントン【写真:AP】

想像を超えるメジャーリーガーの破壊力、上位はヤンキース勢が独占

 驚異のパワーを見せつけてくれるメジャーリーグの世界。その破壊力は我々の想像を遥かに超え、もはや人間業とは思えないほどである。20日(日本時間21日)、ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手が見せた打球など、まさにその典型だった。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 4回に放った中前安打は、MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度は119.4マイル(約192.1キロ)を記録し、9回の弾丸ライナーで左中間スタンドに突き刺さったサヨナラ2ランは、117.9マイル(約189.7キロ)。これは、サヨナラ弾としては史上最速だったいう。

 時速190キロ超の打球…。なかなか想像出来ないが、猛者揃いのメジャーリーグ。上には上がいるものである。この日のスタントンの打球は、今シーズンで3位の打球速度だったというから驚きだ。

 今季ここまでで最速記録を叩き出しているのは、スタントンのチームメートであるヤンキースのゲーリー・サンチェス捕手。その打球速度は121.1マイル(約194.9キロ)という恐るべきもの。6月19日の本拠地マリナーズ戦で4回に放った弾丸ライナーで驚異の数字を叩き出している。

 これに続くのは、これまたヤンキースのアーロン・ジャッジ。5月27日のエンゼルス戦で3回に放った右中間へのヒットが119.9マイル(約192.9キロ)を記録。これに続くのが、スタントンが放った中前安打だ。

 トップ3には本塁打は無く、4位になってようやく本塁打が登場する。これまたスタントンで、6月6日のブルージェイズ戦での左翼スタンドへ弾丸ライナーで突き刺さるソロ本塁打。この打球は119.3マイル(約192キロ)だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」