野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 平野佳寿
  • なぜ平野佳寿は2球種だけで抑えられる? 米データサイトが解析した秘密

なぜ平野佳寿は2球種だけで抑えられる? 米データサイトが解析した秘密

ダイヤモンドバックス・平野佳寿投手が、20試合連続無失点と球団の新人記録を更新した。セットアッパーとしての地位を確立した平野は、なぜMLBの強打者たちを抑えられるのか。米データ分析サイト「ファングラフス」が、平野の投球についての特集記事を掲載した。

ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

フォームからは見分けがつかない直球とフォーク

 ダイヤモンドバックス・平野佳寿投手が、20試合連続無失点と球団の新人記録を更新した。セットアッパーとしての地位を確立した平野は、なぜMLBの強打者たちを抑えられるのか。米データ分析サイト「ファングラフス」が、平野の投球についての特集記事を掲載した。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 平野の持ち球は、直球とフォークの2種類だけ。投手、打者とも技術、データ解析が進んだ今の野球で、多彩な変化球が成功する投手の条件だけに、同サイトでも「このタイプで最近成功したのは、2016年のヘクター・ネリス(フィリーズ)ぐらい」という珍しい存在だとしている。

 2種類しか球種がないにもかかわらず、直球の球速は平均92.2マイル(約148キロ)。豪速球で圧倒するタイプでもないが、92%の走者を残塁とし、対戦した打者の25.8%から三振を取り、WPA2.15はリリーフ投手の中で9番目の高い数値を残しているという。さらに、最大の武器はやはりフォーク。同サイトによると、打者がスイングすると、35.5%が空振りし、バットに当てた時は、60%以上がゴロになるという、まさに決め球だ。

 そして、平野の最大の特徴は、リリースポイントが直球とフォークで2インチ(約5センチ)しか違わないことだとも指摘。にもかかわらず、両球種の垂直方向の動きには9.33インチ(約23.7センチ)の落差があるということで、打者としては、フォームから球種が読めない上、その軌道に大きな差があってはたまらない。

 日本人投手では、今季巨人に復帰した上原浩治がやはりフォーシームとスプリットの2球種だけでクローザーを務めたが、同サイトは、平野についても「この2つの球種を上手く使いこなせば、打者がダメージを与えることはほぼ不可能である。ダイヤモンドバックスがプレーオフ進出を目指すのであれば、ヒラノを信頼し続けなければならないだろう」と結論づけている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」