野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武菊池が無傷の8連勝、7回5安打無失点 ロッテは涌井6敗目で連勝止まる

西武が、菊池雄星投手の7回無失点の好投で、リーグ戦再開初戦を白星で飾った。敵地ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦。今季10試合目の先発マウンドに上がった左腕はロッテ打線を散発5安打に封じる好投を見せた。

7回無失点の好投で無傷の8連勝を飾った西武・菊池雄星【画像:(C)PLM】
7回無失点の好投で無傷の8連勝を飾った西武・菊池雄星【画像:(C)PLM】

菊池は10試合目の先発で、いまだに負け知らず

■西武 5-1 ロッテ(22日・ZOZOマリン)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 西武が、菊池雄星投手の7回無失点の好投で、リーグ戦再開初戦を白星で飾った。敵地ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦。今季10試合目の先発マウンドに上がった左腕はロッテ打線を散発5安打に封じる好投を見せた。

 これぞエースのピッチングだった。菊池が背負ったこの日唯一のピンチは7回。先頭の角中、清田と連続内野安打で無死一、二塁とされた。ただ、この程度で菊池は動じない。続く鈴木を注文通りの二ゴロ併殺に打ち取り、ドミンゲスを三ゴロ。難なく無失点に切り抜けた。

 打線は2回に斉藤の中前適時打で先制すると、4回には外崎の中前適時打で1点を追加。5回に1点、6回にも2点を加え、13安打5得点で完勝。菊池は10試合目の先発で8勝目。いまだ今季は負け知らずで、チームも連敗を2で止めた。

 ロッテは先発の涌井が6回途中10安打5失点で6敗目。打線もゼロ行進が続き右腕を援護できず、連勝は3でストップした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」