野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • “大混セ”は24日も激しく順位変動 阪神が単独最下位、中日は3位から5位に転落

“大混セ”は24日も激しく順位変動 阪神が単独最下位、中日は3位から5位に転落

2位以下が大混戦のセ・リーグは24日も順位が目まぐるしく入れ替わった。

セ・リーグは3位以下が1日で入れ替わる “混セ”状態となっている【写真:荒川祐史】
セ・リーグは3位以下が1日で入れ替わる “混セ”状態となっている【写真:荒川祐史】

DeNAはAクラスの3位、ヤクルトは4位に浮上

 2位以下が大混戦のセ・リーグは24日も順位が目まぐるしく入れ替わった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 前日に最下位からAクラスの3位に浮上していた中日は、同点の9回に守護神・田島が4失点と大炎上。打線もあと1本が出ず、DeNAに1-6で敗れて5位に転落した。一方、DeNAは3位に浮上し、1日でAでクラスに復帰した。

 阪神は首位・広島相手に5点差を追いついたが、同点の8回1死満塁の絶好機で3番・福留、4番・糸井が凡退。9回にはドリスが自らの失策で決勝点を献上し、鈴木には満塁弾も浴びて5失点。6-11で敗れ、引き分けを挟んで5連敗で単独最下位に転落した。

 交流戦最高勝率に輝きながら、3連敗で阪神とともに同率5位に沈んでいたヤクルトは、巨人に3-2で勝利。7回に西浦が満塁の好機で走者一掃の3点二塁打を放つと、9回は石山が2点を失いながらも逃げ切った。先発の小川は6回無失点で4勝目を挙げた。

 前日は2位巨人、3位中日、4位DeNA、5位阪神、ヤクルトだったが、この日の試合を終えて2位巨人、3位DeNA、4位ヤクルト、5位中日、6位阪神となった。2位から最下位までは2ゲーム差にひしめき合っている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」