野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「うちのヨシヒサ」に「驚きない」 オリ金子と平野佳寿、離れても続く2人の絆

ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は、球団新人記録を更新する22試合連続無失点をマークするなど、メジャーの舞台で躍動している。その活躍を心から喜んでいるのが、昨年までオリックスで共にプレーした金子千尋投手だ。

活躍する平野に1つだけ注文「あれはダメですね(笑)」

 昨年の第4回WBCで平野が見せた投球から、金子はメジャーでも通用することを確信していた。「速い真っすぐを持っているし、フォークがある。今は投げてないけどスライダーもしっかり投げられる。自分で崩れるようなコントロールじゃないので」と冷静に分析する。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 普段は多くを語らないクールなエースも、元同僚が登板した際には自身のツイッターで「うちのヨシヒサ」とツイートし、陰ながら応援を続けている。

 ただ、ここまで申し分ない活躍を見せる平野に一つだけ言いたいことがあるという。今年からインスタグラムを始めた平野に「更新が止まっているんですよね。ちょんまげを付けて仮装してから1か月ぐらい放置したまま。あれはダメですね(笑)」と指摘。自身はツイッター、インスタグラムなどを駆使し、滞ることなく情報発信を行っているだけに“SNSの先輩”として注文をつけた。

「まだ、記録は続いているので(祝福の)連絡はしてません。シーズンが終わって帰ってきたら色々と話ができればいいですね。これからも頑張ってほしい」

 オリックスでエース、守護神としてチームを支えた2人。海を渡った親友の活躍を金子は静かに見守っている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」