野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAドラ1東克樹、“ゲームの中の人”と対戦する野球漬けの日々が幸せ

DeNAベイスターズの2017年ドラフト1位ルーキー・東克樹投手が、期待通りの活躍を見せている。交流戦前には防御率でセリーグ投手成績のトップに立ち(6月25日現在では2.88でセ・リーグ5位)、ルーキーながら先発ローテーションを守って早くも5勝(4敗)。5月16日の阪神戦では、NPB全球団の新人投手における1軍公式戦での完封勝利一番乗りも果たした。登板中にベンチでバナナを食べる「もぐもぐタイム」も話題を呼んだ“ハマのペンギン”に話を聞いた。

ルーキーながら先発ローテーションの一角として活躍するDeNA・東克樹【写真:荒川祐史】
ルーキーながら先発ローテーションの一角として活躍するDeNA・東克樹【写真:荒川祐史】

「ルーキーだから」とは言われたくない。次はないつもりで投げている

 DeNAベイスターズの2017年ドラフト1位ルーキー・東克樹投手が、期待通りの活躍を見せている。交流戦前には防御率でセリーグ投手成績のトップに立ち(6月25日現在では2.88でセ・リーグ5位)、ルーキーながら先発ローテーションを守って早くも5勝(4敗)。5月16日の阪神戦では、NPB全球団の新人投手における1軍公式戦での完封勝利一番乗りも果たした。登板中にベンチでバナナを食べる「もぐもぐタイム」も話題を呼んだ“ハマのペンギン”に話を聞いた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! DeNA戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

――シーズンが始まって数か月が過ぎ、期待に違わぬ成績を残していますが、今の自分をどう見ている?

「一戦一戦必死に戦っていますが、ここまでは集中力が続いているなと思っています。アマチュアとプロの差を痛感して、体力的な疲れも出てくるんだろうなとは思っていたんですけれども、この2か月は自分のピッチングができているんで、気持ち的にも充実しているというのは感じています。でも、この結果に満足はしていません。まだシーズンは長いし、ここからの方が大事なんで。順位も決まってきますしね。そういう大事なところで、勝てる投手になりたいです」

――アマ時代と一番違うと感じる点は?

「必ず週に1回投げるためのメンテナンスですかね。大学時代はこの時期リーグ戦がありますが、投げない週もあったんで……。でも、確実に週に1回(ローテが)回ってくるっていうのは今までなかったので、プロ野球の大変さを感じました。ただそれと同時に、先発は週に1回しか投げないんで、その責任が重いですよね。それは大学の頃とは全く違うものです。

『ルーキーだから』とは、あんまり言われたくないというか。ルーキーだから大丈夫というつもりで投げてなくて、いつも“次はない”つもりで投げています。今年もチームでは先発投手の入れ替わりが激しいんで、結果が悪かったらすぐ(ファームに)落ちてしまうというつもりで。必死ですね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」