野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

広島、松山の7号満塁弾ですぐさま同点! 初回に4失点も一発で振り出しに

広島の松山竜平外野手が26日、マツダスタジアムで行われた巨人戦で7号満塁アーチを放ち試合を振り出しに戻した。

広島vs巨人戦は初回から点の取り合いに【写真:荒川祐史】
広島vs巨人戦は初回から点の取り合いに【写真:荒川祐史】

初回に4点を失ったが、その裏の攻撃で松山の満弾ですぐさま同点に

■広島-巨人(26日・マツダスタジアム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 広島の松山竜平外野手が26日、マツダスタジアムで行われた巨人戦で7号満塁アーチを放ち試合を振り出しに戻した。

 初回に4点を先制された広島はその裏。先頭の田中が四球を選ぶと1死から連続四死球で満塁のチャンスを作る。ここで松山が巨人先発の鍬原が投じたスライダーを完璧に捉えると打球は右翼席上段に飛び込む7号満塁アーチ。松山の一振りですぐさま同点に追いついた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」