野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

投手陣は安定、打のキーマンも復帰後即大暴れ 5位ロッテが台風の目となる?

交流戦前は借金3、首位・西武と6ゲーム差の5位だったロッテは、交流戦後の順位こそ首位と5ゲーム差の5位のままだが、32勝31敗の貯金1でリーグ戦に戻った。

ロッテの有吉優樹、石川歩、マイク・ボルシンガー(左から順)【写真:荒川祐史】
ロッテの有吉優樹、石川歩、マイク・ボルシンガー(左から順)【写真:荒川祐史】

交流戦はチーム防御率が12球団トップの2.40、石川&ボルシンガー&有吉の“3本柱”に

 交流戦前は借金3、首位・西武と6ゲーム差の5位だったロッテは、交流戦後の順位こそ首位と5ゲーム差の5位のままだが、32勝31敗の貯金1でリーグ戦に戻った。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 最初のカードとなったのが、本拠地ZOZOマリンスタジアムでの西武戦。ここを勝ち越して勢いに乗りたいところだったが、1勝2敗で負け越し。2カード目の楽天戦の初戦に勝利し、再び貯金生活に突入している。

 西武との3連戦は負け越したが、交流戦は11勝7敗の3位。交流戦を勝ち越した要因のひとつに、交流戦のチーム防御率が12球団トップの2.40と、結果を残した投手陣が挙げられる。

 先発陣は12球団トップの4勝、防御率は3位の1.01をマークし、日本生命賞を受賞した石川歩、6月16日の巨人戦で来日初完封勝利を挙げるなど、交流戦3勝0敗、防御率1.96のボルシンガー、交流戦前の5月23日の北海道日本ハム戦から先発に配置転換となった有吉優樹は12球団2位の防御率0.91の成績を残した。

 勝ちを計算できる石川とボルシンガーに、交流戦3試合の登板中2試合でクオリティスタート(QS、6回以上を投げて自責点3以下)をマークした有吉と、確実に試合を作ることのできる先発“3本柱”がいたことで、交流戦期間中で安定した試合運びを可能にした。

 特に火曜日は石川、水曜日は有吉が先発したことで、2人が登板した火曜日と水曜日に連敗することがなく、土曜日のボルシンガーが先発した6月2日の広島戦から有吉が先発した6日の中日戦にかけて4連勝ということもあった。そして、再びボルシンガーが先発した10日の阪神戦から13日に有吉が先発したDeNAにかけて3連勝を飾った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」