野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト3連勝 カラシティーが先発初勝利で今季5勝目、打っても2安打2得点

ヤクルトのマット・カラシティー投手が27日の本拠地・中日戦で6回6安打1失点2奪三振3四球と好投し、先発での初勝利を挙げた。チームは7-2で勝利して3連勝。交流戦最高勝率のヤクルトが勢いを取り戻してきた。

ヤクルトVS中日の試合結果
ヤクルトVS中日の試合結果

青木が2ラン含む4打点の活躍

■ヤクルト 7-2 中日(27日・神宮)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ヤクルトのマット・カラシティー投手が27日の本拠地・中日戦で6回6安打1失点2奪三振3四球と好投し、先発での初勝利を挙げた。チームは7-2で勝利して3連勝。交流戦最高勝率のヤクルトが勢いを取り戻してきた。

 ヤクルトは青木が初回に2ラン、3回には2点二塁打を放つ活躍。さらに、5回にはバレンティン、坂口のタイムリーで3点を奪い、7得点とした。

 援護をもらったカラシティーは、初回2死三塁のピンチでビシエドを三ゴロ。2回は2死から京田に四球を与えるも大野奨を二飛に仕留め、3回は2死一、三塁でビシエドをニゴロに打ち取った。

 4、5回も走者を出しながら無失点。6回は1死満塁のピンチで京田の遊ゴロの間に1失点。しかし、大野奨を併殺に仕留め、最少失点で切り抜けた。

 カラシティーは打っても2安打2得点の活躍。ヤクルトを3連勝に導いた。先発は2試合目で初勝利。これが今季5勝目となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」