野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「打者・大谷」の復帰浮上 エンゼルス監督が見解「確かにそう思っている」

「打者・大谷」の復帰浮上 エンゼルス監督が見解「確かにそう思っている」

右肘内側側副靭帯損傷で故障者リスト(DL)入りしているエンゼルス・大谷翔平投手は、打者として先に復帰するのか。ビリー・エプラーGMが「打者・大谷」の起用に前向きな姿勢を見せたことを受け、マイク・ソーシア監督も同様の見解を示している。米記者が伝えている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

29日に再検査の大谷、打者としての復帰が先に?

 右肘内側側副靭帯損傷で故障者リスト(DL)入りしているエンゼルス・大谷翔平投手は、打者として先に復帰するのか。ビリー・エプラーGMが「打者・大谷」の起用に前向きな姿勢を見せたことを受け、マイク・ソーシア監督も同様の見解を示している。米記者が伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エプラーGMは27日(日本時間28日)にMLBネットワークラジオに出演した際、今季、指名打者(DH)として復帰する可能性が高いことに言及。球団側は大谷を今季再びマウンドに送る希望をもって多血小板血漿(PRP)注射などの処置を選択したと説明し、DHだけの起用ならすでに医師から許可が出ていた可能性があることも明かした。

 この発言は米国でも一斉に報じられており、これを受け、MLB公式サイトのエンゼルス番を務めるマリア・グアルダード記者は自身のツイッターでソーシア監督の見解を速報。指揮官は「彼は木曜日に検査を受ける。そして、いい知らせが聞けることを願っている。自分の感覚に過ぎないことだが、彼が投手として出場する体勢が整う前に、打者として出場することになると確かに思っている。医療スタッフからの指示を待って、次のステップがどうなるか決めていく」と語ったという。

 28日(同29日)に右肘の再検査を受ける予定の大谷。注目の診断を前に、「打者・大谷」に関しては復帰に前向きな見解が示されている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」