野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武秋山が12号2ラン、山岡の直球をライトスタンドに運ぶ リードは4点に

西武の秋山翔吾外野手が28日の本拠地オリックス戦で12号2ランを放った。

2ランを放った西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】
2ランを放った西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】

西武はオリックス山岡から2回までに5点奪取

■西武 – オリックス(28日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 西武の秋山翔吾外野手が28日の本拠地オリックス戦で12号2ランを放った。

 西武は初回に1点を先制されるも、その裏に3点をもぎ取って逆転。さらに、2回は先頭メヒアが四球を選ぶと、斉藤彰のバントで1死二塁。続く秋山は1ストライクから相手先発・山岡の内角への145キロ直球を捉え、ライトスタンドに運んだ。

 これが6試合ぶりの一発。試合前まで打率.355でパ・リーグ2位の秋山のバットから貴重な追加点が生まれた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」