野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、森慎二投手コーチの命日に勝利 打線が4発含む18安打14得点の猛攻

西武は28日、本拠地でのオリックス戦に14-7で大勝した。秋山、森、メヒア、山川にホームランが飛び出すなど、打線が18安打14得点と爆発。先発の多和田は6回7安打5失点と苦しんだが、援護に恵まれて8勝目(3敗)を挙げた。この日は、昨年急死した森慎二投手コーチの命日。天国に勝利を届けた。

本塁打を含む4安打3打点の活躍を見せた西武・森友哉【写真:荒川祐史】
本塁打を含む4安打3打点の活躍を見せた西武・森友哉【写真:荒川祐史】

先発の多和田は6回5失点と苦しむも8勝目

■西武 14-11 オリックス(28日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武は28日、本拠地でのオリックス戦に14-11で大勝した。秋山、森、メヒア、山川にホームランが飛び出すなど、打線が18安打14得点と爆発。先発の多和田は6回7安打5失点と苦しんだが、援護に恵まれて8勝目(3敗)を挙げた。この日は、昨年急死した森慎二投手コーチの命日。天国に勝利を届けた。

 初回、多和田がいきなり1点を失うも、西武打線は浅村のタイムリーで追いつくと、外崎が勝ち越し2点打。さらに、2回には秋山が12号2ランを放った。多和田が3回に3点を失うも、3回には森、メヒアにも一発が飛び出し、相手先発・山岡から計8点を奪った。

 多和田は6回にも1失点。しかし、西武打線は6回に浅村、山川、森、外崎の4者連続タイムリーで一挙5得点。試合を決めた。8回にには山川の19号ソロも飛び出した。

 結局、18安打で14点を奪取。最終回はワグナーが6失点の大乱調も、森慎二投手コーチの命日に勝利した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」