野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ダイブ→回転捕球→ダイブ→回転タッチ…左腕の“ド根性プレー”に本拠地喝采

ダイブ→回転捕球→ダイブ→回転タッチ…左腕の“ド根性プレー”に本拠地喝采

ブルワーズのブレント・スーター投手が27日(日本時間28日)の本拠地ロイヤルズ戦で“ど根性タッチ”を見せ、打者走者をアウトに仕留めた。マウンド右へのゴロを回転しながら捕球すると、一塁に向かって走っていたゴードンに向かってダイブし、もう1回転。MLB公式ツイッターが公開した動画には「限界知らずのエナジーレベル」などと驚きの声があがった。

ブルワーズのブレント・スーター【写真:Getty Images】
ブルワーズのブレント・スーター【写真:Getty Images】

ブルワーズのスーターが気迫十分のプレー「限界知らずのエナジーレベル」

 ブルワーズのブレント・スーター投手が27日(日本時間28日)の本拠地ロイヤルズ戦で“ど根性タッチ”を見せ、打者走者をアウトに仕留めた。マウンド右へのゴロを回転しながら捕球すると、一塁に向かって走っていたゴードンに向かってダイブし、もう1回転。MLB公式ツイッターが公開した動画には「限界知らずのエナジーレベル」などと驚きの声があがった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 0-0で迎えた5回だった。1死走者なしでゴードンの打球はマウンド右への力ないゴロとなった。すると、左腕のスーターが猛然とマウンドを駆け下りる。ダイビングして、回転しながらボールをもぎ取った。ここで顔を一瞬上げると、一塁手のアギラーも打球を処理しようとベースから離れていた。スーターは一塁に飛び込もうとしていたゴードンに向かって再びダイブ。一塁到達前にタッチし、そのままの勢いでもう1回転した。

 アグレッシブな動きに本拠地は大喝采。MLB公式ツイッターが動画を公開すると、フォロワーからは「限度知らずのエナジーレベル」「アスリート」「投手だってアスリートだ」「ニンジャだ」と称賛の声が続々と集まった。まさに、体を投げ出す“ド根性タッチ”だった。

 ただ、スーターはこの試合、1-0で迎えた7回に突如崩れて4失点。チームは4-5で敗れた。スーターは気迫十分のプレーも実らず、5敗目(8勝)を喫した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」