野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト山田大、3回4安打5失点KO 俊介に2ラン、陽川に3ラン浴びる

ヤクルトの山田大樹投手が3回4安打5失点でKOされた。今季2度目の先発となったが俊介、陽川に一発を浴びるなど先発の2試合続けて先発の役割を果たせなかった。

ヤクルト山田大で3回途中6失点で降板となった
ヤクルト山田大で3回途中6失点で降板となった

前回登板の巨人戦でも3回途中6失点KO

■ヤクルト – 阪神(29日・神宮)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ヤクルトの山田大樹投手が3回4安打5失点でKOされた。今季2度目の先発となったが俊介、陽川に一発を浴びるなど先発の2試合続けて先発の役割を果たせなかった。

 初回に1点の援護をもらった山田大は2回に俊介に2ランを浴び逆転を許すと、続く3回は陽川に痛恨の3ランを浴び3回4安打5失点で降板となった。

 昨オフにソフトバンクからヤクルトへとトレードで移籍した左腕は、移籍後初登板となった22日の巨人戦でも3回途中6失点で降板するなど2試合連続で結果を残せなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」