野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

驚異の打撃センスを誇る17歳の女子高生 侍J女子代表を狙う叔母と姪の夢

全日本女子野球連盟U18強化プログラムチーム(マドンナスターズ)の金桃花内野手(札幌新陽高2年)が1日、将来のフル代表入りを猛アピールした。侍ジャパン女子代表との強化試合(HARD OFF ECOスタジアム新潟)に「1番・三塁」で出場し、3試合連続のマルチ安打を記録。前日のダブルヘッダーと合わせて10打数6安打1打点、うち三塁打と二塁打1本ずつという大暴れだった。

叔母・由起子と同時代表入りの夢へ奮戦中

 金の活躍を、叔母も喜んでいる。「知り合いが後ろ姿の動画を送ってくれたのですが、自分かと思いました。調子がいい時はいいけれど、ダメな時はどうしようとなるタイプ。今回の出発前には『失敗しても一生懸命やっている人には神様が力を貸してくれるよ』と声をかけました。トライアウトで悔しい思いをした分、成長したのかな。活躍はうれしいですね」と笑みをこぼした。

5度目のW杯出場は「目指します」 女子代表・川端友紀が特別な価値を置く場所(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 昨冬のトライアウトで一度は破れた同時代表入りの夢を、完全に諦めたわけではない。「私自身はもう選手として難しいでしょうが、代表には何らかの形で力になれたらと思っています。いつか、あいつと一緒に試合ができたら最高ですね」と由起子さん。叔母と姪の夢は、まだまだ続く。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」