野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス伊藤光がDeNAに電撃トレード「突然のことで驚いています」

オリックスは9日、伊藤光捕手、赤間謙投手とDeNA高城俊人捕手、白崎浩之内野手と2対2のトレードが成立したことを発表した。

トレードが発表された伊藤光(左)、高城俊人【写真:荒川祐史】
トレードが発表された伊藤光(左)、高城俊人【写真:荒川祐史】

オリは伊藤光と赤間を放出し、DeNAから高城と白崎獲得

 オリックスは9日、伊藤光捕手、赤間謙投手とDeNA高城俊人捕手、白崎浩之内野手と2対2のトレードが成立したことを発表した。

【動画】最後の“ダイエー捕手”の現役最終打席 万感の思いが詰まった、山崎勝己涙のラストシーン

 伊藤光は2014年にベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得するなどリーグを代表する捕手に成長。だが、その後は年々、成績を落とし打撃を生かすため一時は内野手も兼任。今季は捕手1本で挑戦したが1軍ではわずか7試合の出場に終わっていた。

 伊藤は球団を通じ「突然のことで驚いています。ケガをして、歩くこともできなかった自分を救ってくれたオリックス球団、切磋琢磨してきたチームメイト、ここまで育ててくれた監督、コーチ、そして、どんな時も支えてくれたファンのみなさんには感謝のことばしかありません。“優勝”という恩返しができなかったことは心残りですが、新天地でも自分らしくがんばっていきたいと思います」とコメントを発表した。

 また、赤間も球団を通じ「突然のことでびっくりしています。2年半という短い間でしたが、あまりチームの戦力になれなかった自分でも、オリックスファンのみなさんはたくさん応援してくれました。感謝の気持ちでいっぱいです。人間としても成長させてくれた球団、監督、コーチ、チームメイトのみんな、そしてオリックスファンのみなさんに恩返しができるように、横浜でも精一杯がんばります」とコメントを発表した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」