野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 先発マスクで「敗戦投手」に!? 15回まで捕手で出場→16回に登板し決勝被弾

先発マスクで「敗戦投手」に!? 15回まで捕手で出場→16回に登板し決勝被弾

9日(日本時間10日)にフェニックスのチェース・フィールドで行われたパドレス-ダイヤモンドバックスの一戦で、同点の延長16回に登板した捕手が敗戦投手になるというメジャーならではの“珍事”があった。

延長16回に登板したダイヤモンドバックス・マシス【写真:Getty Images】
延長16回に登板したダイヤモンドバックス・マシス【写真:Getty Images】

Dバックス先発マスクのマシスが「敗戦投手」に、同僚は「本当に良くやった」

 9日(日本時間10日)にフェニックスのチェース・フィールドで行われたパドレス-ダイヤモンドバックスの一戦で、同点の延長16回に登板した捕手が敗戦投手になるというメジャーならではの“珍事”があった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 試合は3-3の同点で終盤へ。しかし、両チームとも得点を奪うことができず、延長戦に突入した。パドレスは15回までに8投手、ダイヤモンドバックスは9投手をマウンドへ送り込み、7回以降はスコアボードにゼロが並ぶ。そして、16回にダイヤモンドバックスが投入したのが、この試合で先発マスクを被っていた捕手のジェフ・マシスだった。

 メジャーリーグでは、大差がついた試合で投手の“節約“のため、野手がマウンドに上がることは珍しくない。ただ、同点の場面での野手の登板は異例だ。しかも、先発マスクを被り、15イニングに渡って投手をリードしてきた捕手の登板。それだけの熱戦、総力戦だった。

 マシスはジャンコウスキーを一直、アスアへは見逃し三振と2死を奪うも、強打者のマイヤーズにはフルカウントから粘られ、最後は9球目の87マイル(約140キロ)を右中間に運ばれた。続く主砲ホズマーは二飛に仕留めたが、ダイヤモンドバックスはその裏に追いつくことができずに敗れた。

 結局、マシスは1回20球を投げて1安打1失点1奪三振で敗戦投手に。アスアへにも粘られたため、マイヤーズにソロ弾を浴びたのはこの日17球目のボールだった。

 MLB公式サイトによると、ダイヤモンドバックスの主砲ゴールドシュミットは「ヘトヘトだったに違いない。(投球は)最高だった。多分、彼はがっかりしたと思うけど。簡単ではないんだ。大差のゲームではなく、同点、延長、そして勝ちたい試合での登板だった。本当に良くやったよ」と大奮闘したマシスをねぎらったという。

 また、記事ではマシス自身のコメントも紹介している。マイヤーズに打たれたボールはスライダーと判別されたが、「スライダーのように見えたと思うけど、今日スライダーは投げていないよ」と証言。その上で「チェンジアップを数球織り交ぜたけど、ただプレートに目がけて投げていた。ボールを低めに制球し、ストライクをとることに集中していたんだ」と話している。

 そして、ホームランを打たれたことについては「3つ目のアウトを取って、ダグアウトに戻ってこられたら良かったのに、と思うよ」と悔しさをにじませたという。もっとも、チームのためにマウンドに上がり、奮闘したマシスを責める選手は一人もいないだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」