野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA守護神・山崎が9回に大炎上 5失点で後半戦は黒星スタート

DeNAは16日、本拠地でのヤクルト戦で手痛い逆転負けを喫した。1点リードの9回に守護神・山崎康晃が5失点と大炎上。9回裏に1点を返したが、2-5で敗れた。

DeNA対ヤクルトの試合結果
DeNA対ヤクルトの試合結果

ヤクルトは青木の内野安打から逆転の糸口

■ヤクルト 5-2 DeNA(16日・横浜)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 DeNAは16日、本拠地でのヤクルト戦で手痛い逆転負けを喫した。1点リードの9回に守護神・山崎康晃が5失点と大炎上。9回裏に1点を返したが、2-5で敗れた。

 2回表、先頭で打席に立ったヤクルト雄平の打球が当たり、先発バリオスが早期降板するアクシデントに見舞われたDeNA。だが、中継ぎ陣が奮起してスコアボードに「0」を並べていった。ヤクルト先発・小川泰弘の前にDeNA打線は沈黙していたが、6回に先頭・倉本寿彦が今季1号ソロを右翼へ運び、1点先制に成功する。

 だが、1点リードで迎えた9回。守護神の山崎が先頭・青木宣親に捕手への内野安打で出塁を許すと、続く山田哲人に二塁へタイムリーを運ばれて同点。さらに谷内亮太、中村悠平にもタイムリーを許し、わずか1アウトを奪ったのみ、5失点でマウンドを下りた。

 9回の裏に柴田竜拓の打球を一塁・坂口智隆が後逸する間に1点を返したが万事休す。後半戦初戦を勝利で飾ることはできなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」