野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人が逃げ切り5連勝 内海が6回1失点で3勝目&亀井が今季9号2ラン

巨人は16日、敵地での阪神戦に4-3で逃げ切り勝ちし、前半戦から続く連勝を「5」に伸ばした。順位争いが混沌とするセ・リーグで、巨人は2位をガッチリ守る貴重な勝利を飾った。

阪神対巨人の試合結果
阪神対巨人の試合結果

前半戦から続く5連勝で2位堅守

■巨人 4-3 阪神(16日・甲子園)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 巨人は16日、敵地での阪神戦に4-3で逃げ切り勝ちし、前半戦から続く連勝を「5」に伸ばした。順位争いが混沌とするセ・リーグで、巨人は2位をガッチリ守る貴重な勝利を飾った。

 先発の内海哲也や初回に3連打で1点を失ったが、2回以降は走者を出しながらも危なげないピッチングで、6回を6安打1失点(自責1)とした。打線は4回まで、阪神先発のメッセンジャーに2安打に抑えられていたが、5回に坂本勇人が四球で突破口を開くと、吉川尚輝が左翼へのヒット、さらにはマギーが左翼へ2点タイムリー運び、逆転に成功する。8回には亀井善行が9号2ランでリードを広げた。

 阪神は8回に2点を返したが、追いつくことができず。先発メッセンジャーが6回2失点(自責1)、新外国人ナバーロが2安打2打点と気を吐いたが、勝利には届かなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」