野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ涌井、7回1失点も2か月ぶり勝利ならず 指揮官「リズムを悪くした」

ロッテ涌井秀章投手がエースの気迫を示した。後半戦スタートとなった16日、本拠地での楽天戦。ロッテは内竜也、益田直也のリリーフが失敗し、延長10回の末、2-3で敗れた。

ロッテ・涌井秀章【写真:荒川祐史】
ロッテ・涌井秀章【写真:荒川祐史】

先制直後の5回にアマダーに同点弾浴びる

■楽天 3-2 ロッテ(16日・ZOZOマリン)

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ロッテ涌井秀章投手がエースの気迫を示した。後半戦スタートとなった16日、本拠地での楽天戦。ロッテは内竜也、益田直也のリリーフが失敗し、延長10回の末、2-3で敗れた。

 今季16試合目の先発だった涌井は7回を投げ、1-1の同点で降板。122球を投げ、7安打ながらも1失点に抑える好投を見せた。5勝目は届かなかったが、同点の7回2死二塁でエースらしさを光らせた。

 1番打者の田中和基を迎えると、その5球目と6球目に、この日最速の150キロを連発し、内角ストレートで三ゴロに仕留め、ピンチ脱出。120球を超えてからの150キロ速球で意地を見せた。それだけに、井上晴哉が先制アーチを放った直後の5回、先頭アマダーに甘く入った146キロ速球を捉えられた13号同点アーチが惜しまれる。

 試合後、井口監督は「試合を作ってくれたが、点を取った後にすぐ取られてリズムを悪くした」と辛口評価。5月18日のソフトバンク戦で4勝目を挙げてから2か月近く白星から遠ざかっている。「我慢強くやっていくしかない。(涌井)本人には『耐えろ』と言った。1つの試練」と清水直投手コーチも一日も早い白星を強く望んでいた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」