野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島1位は変わらずも、2位以下混戦…2017-2018年の前半戦成績比較【セ編】

広島1位は変わらずも、2位以下混戦…2017-2018年の前半戦成績比較【セ編】

近年稀に見る混戦模様となっている今季のセ・リーグ。オールスター前までの前半戦の成績を、昨年の同期と比較し、その違いを見てみよう。

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

今季は2位から6位まで5チームが3.5ゲーム差にひしめく

 近年稀に見る混戦模様となっている今季のセ・リーグ。オールスター前までの前半戦の成績を、昨年の同期と比較し、その違いを見てみよう。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

【球団成績】
○2017年
1広島 83試52勝29敗2分 勝率.642 差–
2阪神 79試43勝36敗0分 勝率.544 差8.0
3DeNA 82試41勝39敗2分 勝率.513 差10.5
4巨人 82試38勝44敗0分 勝率.463 差14.5
5中日 84試37勝44敗3分 勝率.457 差15.0
6ヤクルト 82試28勝52敗2分 勝率.350 差23.5
○2018年
1広島 76試43勝32敗1分 勝率.573 差–
2巨人 82試40勝41敗1分 勝率.494 差6.0
3阪神 74試35勝38敗1分 勝率.479 差7.0
4DeNA 78試36勝40敗2分 勝率.474 差7.5
5中日 81試37勝43敗1分 勝率.463 差8.5
6ヤクルト 77試34勝42敗1分 勝率.447 差9.5

 昨年は広島、阪神、DeNAが5割以上の勝率だった。ここから巨人が盛り返し、DeNAと3位の座をめぐって激しいデッドヒートとなった。

 今季は5割以上は広島だけ。2位以下は大混戦となっている。1位から6位のゲーム差は昨年は23.5だったが、今季は9.5まで縮まった。

 前半戦の個人成績を比較してみたい。

【打撃成績】

・安打数5傑
○2017年
1大島洋平(中)106
2ロペス(De)103
3丸佳浩(広)103
4坂本勇人(巨)102
5田中広輔(広)99
○2018年
1坂本勇人(巨)107
2宮崎敏郎(De)95
2アルモンテ(中)95
4岡本和真(巨)93
5大島洋平(中)89

・本塁打5傑
○2017年
1ゲレーロ(中)23
2エルドレッド(広)21
3ロペス(De)19
4鈴木誠也(広)17
5丸佳浩(広)16
○2018年
1筒香嘉智(De)19
1バレンティン(ヤ)19
3山田哲人(ヤ)18
4丸佳浩(広)17
5ロペス(De)16
5宮崎敏郎(De)16
5岡本和真(巨)16

・打点5傑
○2017年
1ロペス(De)67
2鈴木誠也(広)64
3エルドレッド(広)59
4丸佳浩(広)57
5ゲレーロ(中)53
○2018年
1バレンティン(ヤ)67
2坂本勇人(巨)56
3ビシエド(中)53
4アルモンテ(中)50
4筒香嘉智(De)50
4岡本和真(巨)50

・盗塁5傑
○2017年
1田中広輔(広)19
2大島洋平(中)16
3京田陽太(中)15
4梶谷隆幸(De)12
5山田哲人(ヤ)11
○2018年
1山田哲人(ヤ)17
2糸井嘉男(神)15
2植田海(神)15
2田中広輔(広)15
5京田陽太(中)14
5神里和毅(De)14

・打率5傑(規定打席以上)
○2017年
1宮崎敏郎(De).349
2坂本勇人(巨).333
3大島洋平(中).321
4丸佳浩(広).319
5ロペス(De).309
○2018年
1坂本勇人(巨).3322
2平田良介(中).3320
3丸佳浩(広).330
4坂口智隆(ヤ).323
5宮崎敏郎(De).319

 昨年はWBC出場の影響からか、前半戦不振だったDeNAの筒香嘉智、ヤクルトの山田哲人が、今年は本来の実力を発揮している。

 巨人の坂本勇人は、昨年も今年もこの時期までは打率上位につけている。昨年はここから打率が急降下したが、今年はどうだろうか。

 昨年までは全く名前がなかった巨人の岡本和真が、今年は打点、本塁打で顔を出しているのが新鮮だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」