野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス金子5回3安打2失点の粘投も5勝目ならず 「リズムの悪いピッチング」

オリックスの金子千尋投手が18日、京セラドームで行われた日本ハム戦に先発。5回3安打2失点で降板し5勝目を逃した。

5回2失点で降板したオリックス・金子千尋【写真:荒川祐史】
5回2失点で降板したオリックス・金子千尋【写真:荒川祐史】

3度の3者凡退も4回の2四球を悔やむ

■オリックス – 日本ハム(18日・京セラD)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 オリックスの金子千尋投手が18日、京セラドームで行われた日本ハム戦に先発。5回3安打2失点で降板し5勝目を逃した。

 初回を3者凡退に抑えると、味方打線が2回に女房役の山崎が先制のタイムリー二塁打を放ち1点を先制。3回も3者凡退に抑えた右腕だったが4回に2四球などで2死一、二塁のピンチを招くと横尾、石川に連続タイムリーを浴び逆転を許した。

 5回はこの日、3度目の3者凡退に仕留めたが6回は2番手の沢田がマウンドに上がり降板。後半戦、最初のマウンドを終えた右腕は「ボール球が多く、リズムの悪いピッチングになってしまいました。4回のフォアボールも失点につながってしまいましたし、反省しなければいけません」とコメント。

 金子は5回を投げ97球、3安打3奪三振2失点と粘りの投球を見せたが今季5勝目はならなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」