野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

パをかき回す快進撃、「平石楽天」に注意せよ 就任後17勝9敗&無得点なし

オリックスの背中が見えて来た、と表現するのはまだ早いか。だが、そう期待させるだけの勢いがある。最下位の楽天がソフトバンクに連勝し、3連戦の勝ち越しを決めた。

楽天・平石監督代行【写真:荒川祐史】
楽天・平石監督代行【写真:荒川祐史】

後半戦は9勝1敗、一時は5位と13.5ゲーム差も…ついに「3.5」まで縮まる

■楽天 7-1 ソフトバンク(28日・ヤフオクドーム)

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 オリックスの背中が見えて来た、と表現するのはまだ早いか。だが、そう期待させるだけの勢いがある。最下位の楽天がソフトバンクに連勝し、3連戦の勝ち越しを決めた。

 後半戦開幕後はこれで9勝1敗。5位オリックスが日本ハムに敗れたため、ゲーム差は「3.5」に。ソフトバンクは借金生活に突入した。

 初回の3点があれば十分だった。先発の岸投手は118球、5安打1失点で5月24日以来の完投勝利。「初回から点数を取ってくれて、僕もその流れに乗って気持ちよく投げられました」。8回無死一塁から今宮に中越適時二塁打を打たれたところが唯一のピンチだったが、その後、上林、牧原、内川の上位打線をキッチリ抑えて最少失点とした。奪三振数も118となり、リーグトップの則本に並んだ。

 岸が感謝した通り、今の楽天打線には破壊力がある。初回、先頭の田中が左翼に9号ソロ。生え抜き選手では茂木、島内しか成し遂げていない2桁本塁打まで、あと「1」と迫る一撃で流れを作ると、なお2死二塁から銀次、アマダーが2者連続適時打を放った。

 さらに2回、4回には島内が2打席連続の適時打。この日3安打で打率.277まで上昇させた。7回にはアマダーが左翼にソロ弾。2年連続の20本塁打を達成させた。終わってみれば14安打7得点の快勝劇だ。

 6月17日から平石監督代行が就任し、これで17勝9敗となった。前半戦までを五分(8勝8敗)で終え、後半戦で一気に走り出した格好。指揮26試合で特筆すべきは、無得点試合がまだないことだ。

 田中、茂木、島内、今江、銀次という1番から5番は動かさず、アマダー、ペゲーロを6番、8番に置くことで相手球団にプレッシャーをかける。二塁・藤田、捕手・嶋という経験豊富なベテランは揺るがぬ信頼感で送り出す。それまでは流動的だったスタメンを固定したことで、選手も迷いなく自身のプレーに集中できている印象だ。

 5位のオリックスがここに来て8連敗。ゲーム差が3.5まで縮まった。一時期は5位と13.5ゲーム差、楽天以外は全軍貯金生活、などと屈辱的な数字が並ぶこともあったが、それも過去の話。後半戦のパ・リーグのカギを握る存在になりそうだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」