野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「左から右に走る156キロ」!? 防御率1.82のデグロムが投じた1球がすごい

「左から右に走る156キロ」!? 防御率1.82のデグロムが投じた1球がすごい

メッツのジェイコブ・デグロム投手が28日(日本時間29日)の敵地パイレーツ戦で7回8安打3失点5奪三振と力投したものの、打線の援護がなく6敗目(5勝)を喫した。防御率は1.82とメジャートップながら、“借金1”と不運なシーズンを送る右腕。だが、この試合で空振り三振を奪った97マイル(約156キロ)のシュート回転する直球に注目が集まっており、球団公式ツイッターも「えげつない」との言葉を添えて動画を紹介している。

メッツのジェイコブ・デグロム【写真:Getty Images】
メッツのジェイコブ・デグロム【写真:Getty Images】

防御率1点台も“借金1“の不運すぎる右腕、空振り三振を奪った直球に注目

 メッツのジェイコブ・デグロム投手が28日(日本時間29日)の敵地パイレーツ戦で7回8安打3失点5奪三振と力投したものの、打線の援護がなく6敗目(5勝)を喫した。防御率は1.82とメジャートップながら、“借金1”と不運なシーズンを送る右腕。だが、この試合で空振り三振を奪った97マイル(約156キロ)のシュート回転する直球に注目が集まっており、球団公式ツイッターも「えげつない」との言葉を添えて動画を紹介している。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 デグロムが圧巻の1球を投じたのは初回。1死一塁の場面で左打者のポランコを2球で追い込むと、外角高めへの速球を投じた。MLB公式サイトでフォーシーム(直球)と判定された1球は、内角からシュート回転しながら外角高めへ。ポランコのバットはボールの下を通過し、ファウルチップで空振り三振となった。

 メッツはこの1球を動画で紹介し、「左から右に走る97マイル。ただえげつない、デグロム」との文言を添えた。すると、ファンからは「サイ・ヤング賞」と投手最高の栄誉を望む声に加えて、デグロムを援護できない打線に対する不満の声が相次いだ。

「メッツはどうしたんだ? なぜデグロムを援護できないんだ?」
「デグロムを援護してあげないと!」
「えげつないのは、彼が登板する時に打てない打線」
「メッツはデグロムがいてラッキーだ」
「打線がまた死んでいる」

 7月末のトレード期限を前にデグロムの去就は注目されており、「デグロムをトレードして、自由にさせてあげてくれ!」「もし僕がこの男なら、トレードを申し出るね」といった声もあった。

 デグロムはこの試合、6回にモランにタイムリーを浴びて先制点を奪われると、7回には4安打を浴びてさらに2点を失い、マウンドを降りた。救援陣も失点を重ね、打線は1点も奪えず0-5で敗戦。圧巻のボールを投じながら、まさに今季を象徴する登板となってしまった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」