野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

11連勝中のロッテ・ボルシンガー、拙守に泣いて6失点「相手の粘りに負けた」

12連勝で外国人投手最多連勝記録更新を狙って29日の西武戦(ZOZOマリン)に先発したロッテのボルシンガーが、味方に足を引っ張られて4回98球9安打6失点で降板した。

12連勝を懸けてマウンドにあがったロッテ・ボルシンガー【画像:(C)PLM】
12連勝を懸けてマウンドにあがったロッテ・ボルシンガー【画像:(C)PLM】

味方のミスから失点を重ねたが…降板後にはチームメートをかばうコメント

■ロッテ ‐ 西武(29日・ZOZOマリン)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 12連勝で外国人投手最多連勝記録更新を狙って29日の西武戦(ZOZOマリン)に先発したロッテのボルシンガーが、味方に足を引っ張られて4回98球9安打6失点で降板した。

 ボルシンガーは0-0の3回、1死から源田、浅村に連打されたが、山川を得意のナックルカーブで空振り三振。5番の森には遊撃内野安打で2死満塁のピンチを招いたが、外崎は二塁後方にフライを打ち上げた。

 二塁・中村は早々と手を挙げたものの、途中で右翼の平沢に処理をまかせる。そして、打球は前進した平沢の前にポトリ。チェンジのはずが、一転して2点タイムリーで先制を許した。

 これで気落ちしたのか、栗山にも左前に2点適時打を浴びて一気に4失点。 2回には9番・斉藤彰の三塁ゴロの後に背中を気にする仕草を見せ、ベンチから小林雅投手コーチ、トレーナーがマウンドに行くなど、いつものボルシンガーとは違った。4回の2失点も先頭・斉藤彰の一ゴロを井上が弾いた失策がきっかけ。味方のエラーがことごとく失点に結びついた。

 5回に右前適時打を放った中村は、あまりにも大きいミスがあったためか、「すいません。自分は何も言えない」とコメント。もっとも、ボルシンガー自身は「失点したイニングは相手の粘りに負けた部分もあったと思う。自分もベースカバーに遅れたり、リズムを崩してしまった」とチームメートをかばっていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」