野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 平野佳寿
  • 平野佳寿、4試合ぶり救援失敗 今季3度目3連投も1死も奪えずに降板

平野佳寿、4試合ぶり救援失敗 今季3度目3連投も1死も奪えずに降板

ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が30日(日本時間31日)、本拠地レンジャーズ戦で3試合ぶりに救援に失敗した。

ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

後続が平野の残した走者を返し、逆転される

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が30日(日本時間31日)、本拠地レンジャーズ戦で3試合ぶりに救援に失敗した。1点リードの6回1死一塁でマウンドに上がったが、四球と中前タイムリーで同点に追いつかれ、1死も奪えないまま降板した。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 今季3度目の3試合連続登板、今季初の3日連続登板に臨んだ右腕。1点リードの6回1死一塁で火消しを託されたが、最初の打者プロファーに四球で1死一、二塁とすると、続くチリーノスに中前に同点タイムリーを運ばれ、1死も奪えないまま16球(9ストライク)で降板した。

 後を受けたデラロサが2死満塁とした後、代打カルフーンに勝ち越しタイムリーを右翼へ運ばれ、平野の残した走者を返した。だが、直後の攻撃で味方打線が再び同点とし、平野の負けが消えた。

 平野は0/3回を1安打1四球1失点(自責1)で防御率2.33とした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」