野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

野村克也氏の“右腕”が絶賛 金足農・吉田は「洗練された完成度の高い投手」

第100回全国高等学校野球選手権記念大会第4日の第2試合で、金足農(秋田)が5ー1と鹿児島実(鹿児島)に快勝し、23年ぶりの初戦突破を決めた。プロ注目の右腕・吉田輝星投手が9回157球を投げきり、9安打14奪三振1失点の快投。その実力を存分に見せつけた。野村克也氏の“右腕“としてヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏も「洗練された完成度の高い投手」と称賛。育成のプロとして「鍛え甲斐のあるピッチャー」と評価した。

ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏【写真:岩本健吾】
ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏【写真:岩本健吾】

野村克也氏の“右腕“松井優典氏が解説「鍛え甲斐のあるピッチャー」

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会第4日の第2試合で、金足農(秋田)が5ー1と鹿児島実(鹿児島)に快勝し、23年ぶりの初戦突破を決めた。プロ注目の右腕・吉田輝星投手が9回157球を投げきり、9安打14奪三振1失点の快投。その実力を存分に見せつけた。野村克也氏の“右腕“としてヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏も「洗練された完成度の高い投手」と称賛。育成のプロとして「鍛え甲斐のあるピッチャー」と評価した。

 吉田は130キロ後半から140キロ後半の直球を使い分け、相手打線に的を絞らせなかった。松井氏も「それがこのピッチャーの一番の持ち味です」と説明する。

「同じ投げ方で真っ直ぐの球速の幅をつけられる。バッターからしたら、直球はどのボールも同じ投げ方に見えているはずです。同じ投げ方で139キロの真っ直ぐが来たと思ったら、今度は外角高めに140キロ台後半が来る。左打者があれだけ外角高めの真っ直ぐで空振り三振するのは、打者からしたら、見送れないボールだからです。

 ただ、同じ腕の振りで変化球を投げられるか、というのは1つの課題になります。それができれば、球数ももっと減る。例えば、9回に右打者の西畑君から外角へのスライダーで三振を取りましたが、ああいう形がもっと早いイニングから増えていけば球数も減ると思います」

 左打者から空振りを取ってはいたものの、高めへの真っ直ぐが多いという特徴には、何が表れているのか。松井氏はここにも「課題」があると指摘する。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」