野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

U12アジア選手権開幕 日本は初戦チャイニーズ・タイペイに悔しい逆転負け

「第10回 BFA U12アジア選手権」が13日、台湾・台北で開幕した。予選ラウンドグループAの日本は地元のチャイニーズ・タイペイと対戦。4-8の逆転負けを喫し、黒星スタートとなった。初戦で強豪のチャイニーズ・タイペイに敗れ、仁志敏久監督は「この子供たちの試合になってからの力量や状況の理解度などを、こちらもまだ把握仕切れていなかったというのはある。毎回、初戦はどんな相手でも難しい」と話した。

チャイニーズ・タイペイ相手に惜しくも敗れたU12代表の選手たち【写真:Getty Images】
チャイニーズ・タイペイ相手に惜しくも敗れたU12代表の選手たち【写真:Getty Images】

強敵相手に黒星スタート 仁志監督「初戦はどんな相手でも難しい」

「第10回 BFA U12アジア選手権」が13日、台湾・台北で開幕した。予選ラウンドグループAの日本は地元のチャイニーズ・タイペイと対戦。4-8の逆転負けを喫し、黒星スタートとなった。初戦で強豪のチャイニーズ・タイペイに敗れ、仁志敏久監督は「この子供たちの試合になってからの力量や状況の理解度などを、こちらもまだ把握仕切れていなかったというのはある。毎回、初戦はどんな相手でも難しい」と話した。

侍ジャパンU-12代表、世界一ならずも初の準優勝 仁志監督は選手に感謝「下を向いて帰る結果じゃない」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 先攻の日本は2回、先頭の5番・森山竜之輔が初球を右中間に弾き返して出塁。6番・専徒大和が遊安で続いた。1死後に8番・玉城功大が振り逃げで満塁とすると、9番・芦硲晃太は選球眼よく四球を選び、日本が先制した。さらに、1番・足立然の一ゴロの間に1点を追加。2番・西村大和が四球で再び満塁とすると、3番・栗山大成の三塁への打球が失策を誘い、この回で一気に4点を奪った。

 ところが、すぐにチャイニーズ・タイペイは力を見せつけた。初回をゼロに抑えた先発・西村大和だったが、2回に先頭の5番・CHU.HUNG.HUAにカウント3-1からの5球目を左翼席に運ばれた。その後、死球と中安で1死一、三塁とされると、9番・HSIEH.CHIAO.ENの三ゴロが高くバウンド。これを三塁手の真栄里が捕球できず失策となり、さらに1点を返された。3回には先発・西村が2連打を浴び、無死二、三塁で降板。代わった稲福倫汰も勢いは止められず、2者連続でタイムリーを浴びて同点とされた。さらに送球ミスや長打などで点差を広げられた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」