野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「追加点、取るばい!」―西武森に憧れる侍U-12代表主将が3安打7打点の大暴れ

台湾・台北で開催されている「第10回 BFA U12アジア選手権」は14日、大会2日目を迎えた。予選ラウンドグループAの日本はインドネシアに21-0の4回コールド勝ち。3番を打つ栗山大成は初回に先制の犠飛、3回に2ランなど、3打数3安打7打点と大暴れ。今大会初白星に大きく貢献した。

本塁打を放った侍ジャパンU-12代表・栗山大成【写真:Getty Images】
本塁打を放った侍ジャパンU-12代表・栗山大成【写真:Getty Images】

インドネシアに大勝の日本、主将の栗山は柵越えの2ラン「嬉しいです」

 台湾・台北で開催されている「第10回 BFA U12アジア選手権」は14日、大会2日目を迎えた。予選ラウンドグループAの日本はインドネシアに21-0の4回コールド勝ち。3番を打つ栗山大成は初回に先制の犠飛、3回に2ランなど、3打数3安打7打点と大暴れ。今大会初白星に大きく貢献した。

侍ジャパンU-12代表、世界一ならずも初の準優勝 仁志監督は選手に感謝「下を向いて帰る結果じゃない」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 打球はグングンと伸びていった。11-0と大量リードの3回、1死三塁で打席に入った栗山。真ん中付近に来た初球に迷わずバットを振り抜くと、打球はライトスタンドへ。さらにリードを広げる2ランに「嬉しいです」と顔がほころんだ。6年生になって3本目の柵越え本塁打。「世界を相手に打てたことは、今までで一番、嬉しい」と、侍ジャパンでの一発は格別だ。

 初回には、1死三塁でライトへ犠飛を放ち、先制点をもたらした。イニング間の円陣では、地元の熊本弁で「追加点、取るばい!」。その言葉通り、2回には点差を広げる適時二塁打を打ち、3回の第3打席でソロ本塁打。同じ回にまわってきた第4打席では2点適時二塁打と、西武・森友哉のフルスイングに憧れる12歳は3打数3安打7打点と大当たりだった。

 飛距離には自信がある。両翼90メートルの球場で柵越え弾を放ったことがあり、それを知った同じ侍戦士たちは「スゲー!」と興奮。学校の運動場で友達と野球をして遊んでいると、打球はネットを越えてライト後方にあるプールに入ったこともある。

「プールに入れるから友達から打つなって言われたこともあります」

 さらにプールの先のマンションの駐車場まで飛ばしたこともあり、その飛距離は約100メートル。仁志敏久監督は「(柵越え本塁打という)こういう経験をすると、もっと強く飛ばしてやろうとか、いい意味で欲が出てくる。どうしても試合に勝つとなると、日本の小学生は小さくこじんまりしてしまいがちなので、あの快感を忘れないでほしいなと思います」とさらなる成長に期待を寄せた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」