野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンク嘉弥真、好救援も実らず 「僕もいけると思ったんですけど」

ソフトバンクの嘉弥真新也投手が16日の楽天戦、1点ビハインドの8回に登板し左打者3人を完璧に抑えた。

ソフトバンク・嘉弥真新也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・嘉弥真新也【写真:藤浦一都】

46試合目の登板も「疲れは大丈夫」

■楽天 3-2 ソフトバンク(16日・ヤフオクドーム)

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ソフトバンクの嘉弥真新也投手が16日の楽天戦、1点ビハインドの8回に登板し左打者3人を完璧に抑えた。

 点差はわずかに1点で、残る攻撃は2イニング。そんな場面で嘉弥真はマウンドに上がった。対するは楽天の中軸である島内、枡田、銀次の左打者3人。まずは島内を空振り三振、枡田をセンターフライに斬った後、銀次には粘られながらも最後は見逃し三振に仕留めた。

 テンポよく3者凡退に退けて、8回裏の味方の攻撃に向けて最高の流れを作ってみせた。嘉弥真は「僕もいけると思ったんですけどね…」と、味方の反撃を期待したが楽天の細かな継投策に抑え込まれた。

 7月22日の日本ハム戦でヒットを打たれて以来、これで8試合連続で安打を許していない。「対戦する相手が少ないので…」と謙遜に語るが、今は加治屋蓮とともに最も頼れる存在であることは間違いない。46試合目の登板となったが「疲れは大丈夫です」と頼もしい。今後も味方に流れを呼び込む好投に期待がかかる。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」