野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス、6回だけで5投手投入も… 継投大失敗で一挙に5点を失う

オリックスが6回に5投手を注ぎ込み、5点を失った。18日、本拠地・京セラドームで行われたソフトバンク戦。先発のローチから山田、岩本ら勝ちパターンの投手を次々と送り込みながら、それがことごとく失敗。一挙に大量5点を失った。

4番手岩本が適時打を浴び渋い表情を浮かべるオリックス・福良監督【画像:(C)PLM】
4番手岩本が適時打を浴び渋い表情を浮かべるオリックス・福良監督【画像:(C)PLM】

先発ローチ→山田→比嘉→岩本→大山と次々とマウンドへ

■オリックス – ソフトバンク(18日・京セラドーム)

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 オリックスが6回に5投手を注ぎ込み、5点を失った。18日、本拠地・京セラドームで行われたソフトバンク戦。先発のローチから山田、岩本ら勝ちパターンの投手を次々と送り込みながら、それがことごとく失敗。一挙に大量5点を失った。

 先発のローチがこの回先頭の上林、中村晃に連打を浴びると、柳田を迎えたところで福良監督は左腕の山田にスイッチ。その山田が柳田に勝ち越しの右前適時打を浴びた。その後、2死とし、松田を迎えたところで、右腕の比嘉へ。だが、比嘉が四球を与えると、すぐさま岩本へと交代した。

 だが、岩本が代打・明石に押し出し四球、続く今宮に右前適時打、牧原にも左前適時打を許し、左の上林を迎えたところで、たまらずこの回5人目の投手となる左腕の大山をマウンドに送った。大山は上林を三ゴロに打ち取り、ようやく長い6回が終了。打者一巡の猛攻を浴び、一挙に5点を失い、大きくリードを広げられてしまった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」