野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の「インパクト」 米記者が称賛、二刀流“目撃“は「一生ものの体験」

大谷翔平の「インパクト」 米記者が称賛、二刀流“目撃“は「一生ものの体験」

エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)の敵地レンジャーズ戦で「3番・DH」で3打数1安打1得点と活躍。チームは2-4で逆転負けを喫したものの、第2打席で快足を飛ばして“右前二塁打”をマークし、スピードという武器をあらためて印象づけた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

新人王はアンドゥハーと一騎打ち!? 「オオタニを選出することも考慮すべき」

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)の敵地レンジャーズ戦で「3番・DH」で3打数1安打1得点と活躍。チームは2-4で逆転負けを喫したものの、第2打席で快足を飛ばして“右前二塁打”をマークし、スピードという武器をあらためて印象づけた。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 右肘靭帯損傷から打者として復帰後、打率はやや落として.268となっているが、13本塁打、38打点をマーク。また、投手としても離脱前に9試合登板で4勝1敗、防御率3.10、49回1/3で61奪三振の好成績を残し、現在は今季中の復帰を目指して調整を続けている。権威あるスポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」では、新人王を予想する特集の中で4人の記者のうち2人が大谷をプッシュ。開幕直後の二刀流での大活躍を目撃したことは「一生ものの体験」と絶賛している。

 同誌では「MVP、サイ・ヤング賞、新人王争いをリードしているのは誰か?」と題して、賞レースを予想する記事を掲載した。ライターであるステファニー・アプステイン氏、ベン・ライター氏、ジョン・テイラー氏、コナー・グロスマン氏の4人がそれぞれの賞の「本命」をピックアップ。新人王では、大谷、そしてヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手に真っ二つに割れている。

 アプステイン氏は大谷を支持。「私の予想ではミゲル・アンドゥハーが最終的には獲得するだろうし、彼の今季の活躍を無視することはできない」としつつ、大谷がいかに魅力的な存在であるかを力説している。

「しかし、述べさせてほしい。オオタニのWARは比較可能であり、肘を痛めるまで、彼は投打の両方をこなしていた。単純にWARの最上位の選手が名誉に輝く賞もあるだろう。しかし、オオタニの一連の活躍は我々にとっては一生ものの体験であり、もしオオタニが指標面で肉薄することになれば、オオタニを選出することも考慮すべきであろう」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」