野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

逆転の獅子、逆転負けで連勝止まる 多和田が痛恨6失点 ロッテ有吉5勝目

西武が逆転負けを喫し、連勝は2で止まった。21日、東京ドームで行われたロッテ戦。2点を先行しながらも、先発の多和田が5回に一挙6点を失って逆転負け。その後追い上げたものの、反撃及ばずに敗れた。

5号3ランを放ったロッテ・中村【画像:(C)PLM】
5号3ランを放ったロッテ・中村【画像:(C)PLM】

多和田は5回に突如崩れて一挙に6点失う

■ロッテ 6-4 西武(21日・東京ドーム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 西武が逆転負けを喫し、連勝は2で止まった。21日、東京ドームで行われたロッテ戦。2点を先行しながらも、先発の多和田が5回に一挙6点を失って逆転負け。その後追い上げたものの、反撃及ばずに敗れた。

 初回、浅村の右前適時打で1点を先制。4回には外崎に適時打が出て1点を加えた。暗転したのは5回。先発の多和田が先頭の角中に二塁打を許すと、そこから一気におかしくなった。福浦に死球を与えると、田村、平沢に連続四球。満塁から岡、藤岡に連続適時打を浴びると、中村には5号3ラン。この回6点を奪われて、逆転された。

 ロッテ先発の有吉は6回まで9安打を浴びて4点を失ったが、味方打線の援護もあって5勝目。7回からは岩下、松永、内のリレーで強力西武打線の反撃を凌ぎ切った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」