野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュに古巣地元紙が“ラブコール” 2年後のレンジャーズ復帰を熱望!?

ダルビッシュに古巣地元紙が“ラブコール” 2年後のレンジャーズ復帰を熱望!?

上腕三頭筋腱炎で5月から故障者リスト(DL)入りしていたカブスのダルビッシュ有投手は、19日(日本時間20日)に1Aサウスベンドでのリハビリ登板を行ったが、1回を投げ終えた後に異変を訴えて緊急降板。翌日にMRI検査を受けた結果、右肘のストレス反応と右上腕三頭筋の挫傷と診断され、セオ・エプスタイン編成本部長が今季中の復帰はないと発表した。そんな中で、古巣レンジャーズの地元紙は2020年の復帰へ“ラブコール”を送っている。

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

今季残り試合は登板しないと編成部長が発表、レンジャーズの地元紙は…

 上腕三頭筋腱炎で5月から故障者リスト(DL)入りしていたカブスのダルビッシュ有投手は、19日(日本時間20日)に1Aサウスベンドでのリハビリ登板を行ったが、1回を投げ終えた後に異変を訴えて緊急降板。翌日にMRI検査を受けた結果、右肘のストレス反応と右上腕三頭筋の挫傷と診断され、セオ・エプスタイン編成本部長が今季中の復帰はないと発表した。そんな中で、古巣レンジャーズの地元紙は2020年の復帰へ“ラブコール”を送っている。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 ダルビッシュはレンジャーズとの契約最終年となった昨季、7月のトレード期限でドジャースに移籍。“世界一請負人”の期待をかけられたがワールドシリーズで敗れ、オフにFA市場の目玉としてカブスと6年総額1億2600万ドル(約140億円)の大型契約を結んだ。しかし、新天地では開幕直後から不調で、1勝3敗、防御率4.95と苦戦。2度目のDL入りが長引き、ついに今季中の復帰の道が閉ざされてしまった。

 そんなダルビッシュについて、アーリントンの地元紙「スターテレグラム」が特集を掲載。その中で、6月下旬のリハビリ登板で痛みを感じた右腕がレンジャーズのキース・マイスター医師を訪ねていたことについて触れ、「その時話題となったのは、彼がテキサスとレンジャーズが恋しいと語ったことだった」と紹介。そして「このことを修復するには1つ方法がある」と”解決策”を提示している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」