野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルトが9回に6点奪い同点→11回に上田サヨナラ弾 中日は救援陣が炎上

ヤクルトは4日、本拠地での中日戦に12-9でサヨナラ勝ち。最終回に一挙6点を奪い、同点に追いつくと、延長11回に上田がサヨナラ3ランを放った。中日は9回、この日1軍に昇格した田島が登板したが、打ち込まれて降板。

ヤクルト・上田が劇的サヨナラ弾
ヤクルト・上田が劇的サヨナラ弾

中日はこの日1軍昇格の2人が誤算、田島が9回に4失点&11回に又吉がサヨナラ被弾

■ヤクルト 12-9 中日(4日・神宮)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ヤクルトは4日、本拠地での中日戦に12-9でサヨナラ勝ち。最終回に一挙6点を奪い、同点に追いつくと、延長11回に上田がサヨナラ3ランを放った。中日は9回、この日1軍に昇格した田島が登板したが、打ち込まれて降板。祖父江、岩瀬、福谷とつないだものの止められず。ロドリゲスが何とか踏ん張ったものの、延長11回に又吉がサヨナラ弾を浴びた。

 中日は初回、先頭から平田、京田、大島の3連打でいきなり1点を先制。さらに、ビシエドが粘って四球を選ぶと、アルモンテは2点タイムリー。ノーアウトで3点を先制した。さらに、2回は1死一、二塁で好調のビシエドが3ラン。小川から6点を奪った。

 先発ガルシアはその裏に大引にソロを浴びると、4回には畠山、青木にタイムリーを浴びてさらに2失点。しかし、5回は3者凡退に抑えると、中日は直後の6回に大島、ビシエドの連続タイムリーで2得点。その裏、再びガルシアが3者凡退とすると、7回には福田のソロ本塁打で1点を加えた。ガルシアは結局、7回も3者凡退に抑えて降板。8回は佐藤が3者凡退に抑えた。

 しかし、6点を追うヤクルトが9回に猛反撃。田島から先頭・西浦が四球を選び、武内が右中間へ2ランで4点差。1死から坂口が二塁打を放つと、田島の2つの暴投で坂口が生還して3点目を奪った。

 続く青木はライト前ヒットで田島は降板。続く祖父江から山田も二塁打を放つと、中日は岩瀬を投入。宮本は空振り三振も、雄平はセンターへのタイムリーでついに1点差に。中日が福谷を投入したが、大引はライトへのタイムリーで同点とした。西浦はレフト前ヒットで2死一、三塁としたが、井野はこの回5人目の投手となるロドリゲスの前に三ゴロ。同点で延長戦に突入した。

 そして迎えた11回、田島とともにこの日1軍に昇格した中日8番手の又吉に対して、2死から西浦の四球、井野のヒットで一、二塁とすると、上田が右中間へサヨナラ3ラン。6点差をひっくり返して劇的勝利を飾った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」