野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の16号、米専門家は驚き「打った瞬間はいい当たりではないと…」

大谷翔平の16号、米専門家は驚き「打った瞬間はいい当たりではないと…」

4日(日本時間5日)の敵地レンジャーズ戦でメジャーでは初となる左腕からの本塁打を放った大谷翔平投手。メジャー1年目の16本塁打は、2003年の松井秀喜氏(ヤンキース)に並び、日本人歴代2位タイ。城島健司氏の18本(2006年、マリナーズ)にも「2」と迫った。大谷はその後のチャンスで凡退して4打数1安打1打点に終わり、エンゼルスも2-4で敗れたものの、豪快な一発の衝撃は大きく、米メディアも「打った瞬間はいい当たりではないと思った」と脱帽している。

16号ソロホームランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
16号ソロホームランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

松井秀喜氏の1年目に並ぶ16本目「どれほどのパワーの持ち主か」

 4日(日本時間5日)の敵地レンジャーズ戦でメジャーでは初となる左腕からの本塁打を放った大谷翔平投手。メジャー1年目の16本塁打は、2003年の松井秀喜氏(ヤンキース)に並び、日本人歴代2位タイ。城島健司氏の18本(2006年、マリナーズ)にも「2」と迫った。大谷はその後のチャンスで凡退して4打数1安打1打点に終わり、エンゼルスも2-4で敗れたものの、豪快な一発の衝撃は大きく、米メディアも「打った瞬間はいい当たりではないと思った」と脱帽している。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 1-4と3点ビハインドで迎えた6回だった。先頭で打席に立った大谷は、2打席連続見逃し三振に抑えられていた左腕マイナーのスライダーを捉えた。相手外野手も追うのを諦め、打球を呆然と見つめる右中間への一発。打球速度103マイル(約166キロ)、飛距離413フィート(約125.9メートル)の豪快弾だったが、試合を中継していた「FOXスポーツ1」では“意外”なやりとりが行われていた。

 実況が「右中間への飛球です! 入りました! 左投手から初本塁打を放ちました! 今シーズン16本目です!」と興奮気味に伝えると、解説者は「これはクレイジーなことなのですが、バットに当たった瞬間は良い当たりではない印象でした」と語った。ボールはバットのやや先に当たっていたが、グングンと伸びた。

「つまり、オオタニがどれほどのパワーの持ち主かということが伺えますね。実に素晴らしいことです。まだお目にかかれていませんでしたが、ちょうど今、目撃したところでしたね。左投手から初めて大飛球を放って見せたのですから」

 解説者はこう続けて感嘆した。わずか242打数目で16号到達と、驚異的なペースで本塁打を量産する大谷。しかも、ギリギリでスタンドインした本塁打はほとんどなく、完璧なアーチをかけ続けている。二刀流ながら、日本人初となるメジャー1年目での20号達成も見えてきた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」