野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

誰からも愛された広島・新井貴浩が今季限りで引退 波乱万丈の野球人生

5日、広島の新井貴浩内野手が今季限りでの引退を表明した。1977年1月30日生まれ、41歳の新井は、現役では中日の岩瀬仁紀、巨人の上原浩治、西武の松井稼頭央、ロッテの福浦和也に次ぐ5番目の年長選手だった。

広島・新井貴浩【写真:荒川祐史】
広島・新井貴浩【写真:荒川祐史】

江藤、金本が去った広島の主軸に成長し本塁打王を獲得

 5日、広島の新井貴浩内野手が今季限りでの引退を表明した。1977年1月30日生まれ、41歳の新井は、現役では中日の岩瀬仁紀、巨人の上原浩治、西武の松井稼頭央、ロッテの福浦和也に次ぐ5番目の年長選手だった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 新井は広島工高から駒澤大を経て1998年ドラフト6位で広島に入団。この年のドラフトは当たり年で、西武の松坂大輔、巨人の上原浩治、二岡智宏、阪神の藤川球児、中日の福留孝介、岩瀬仁紀などが入団した。広島のドラフト1位も投打で超高校級の評判が高かった敦賀気比の東出輝裕。彼らに比べれば、新井は地味なプロ入りだった。

 広島は、1999年オフに江藤智が巨人にFA移籍、2002年オフに金本知憲が阪神にFA移籍と、主力選手が他球団に流出。こうした戦力の変動の中で、新井は確実に主軸打者へと歩みを進めていった。2005年には43本塁打で、本塁打王を獲得。カープの本塁打王は、山本浩二(4回)、ランス、江藤智(2回)に続いて4人目だ。この年は打率3割をマークし、ベストナインにも選ばれた。

 しかし、2007年にFA権を取得すると、新井も阪神にFA移籍し涙の記者会見で広島と惜別。この年は黒田博樹も海外FA権を行使してドジャースに移籍。広島ファンにはショッキングな年となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」